「ミジンコ ウキクサ」

我が町の北部にある「摂津 一の宮神社」の森奥の小さな池から

流れ出た水は小川となる・・。

 

昔ほどではなくても、今でも残る田の稲作には欠かせない

貴重な引き水として、北の方から順番に 田に引き、また小川に

戻るを繰り返しながら、安岡寺・浦堂・芥川地区などに広がる

田を順番に潤し 南へと流れ、芥川桜堤公園の少し上辺りで

芥川に合流する。

 

その合流地点に、いくつもの田を流れてきた証としての土産が

「ミジンコ ウキクサ」の緑の「浮き草筏」となって

芥川との合流地点に流れ出ている。

 

まるで、散った桜の花びらが ゆく春を惜しむかのように

水面に漂う様の「花筏」のようでもあるが・・

 

緑の「浮き草筏」には、「花筏」ほどの華やかさや憂いは ない。

何しろ 名前が「ミジンコ ウキクサ」では

やや印象が弱いか・・。

 

夕 景

6月21日(月)、夕方6時23分・・

我が家のリビングの食卓に、つれあいと二人並んで

西側の窓外の夕暮れの眺めを楽しみながらの夕食どき・・。

多少 薄暗くても、食事をするに不便さはなく

だから部屋の電気を消した。

梅雨時に似合わない 爽やかな風が開けた窓から入ってくる。

 

 

夕食も終わった7時35分、夕焼け雲を残して夕日も沈んだ・・。

 

いつもの我が家の夕景である・・。

 

雨空の今朝・・

雨空の今朝、リビングの食卓の定位置に座って生姜湯を飲んで

いると、窓の外の電線にヒヨドリらしい鳥が止まった。

 

よくみると 餌のような物を咥えている。

巣に持ち帰って雛たちに与える餌だろうか。

ヒヨドリの繁殖期間は5月から9月あたりまでと

他の鳥より長いと聞いたことがある。

巣に帰る前に ちょっと一休みか・・。

 

 

そういえば、リビングの食卓の六兵衛の定位置から見える

窓の外の電線には、鳩や雀やヒヨドリなどの鳥がよく止まる。

 

『六さん  気楽な隠居暮らしは どうだい? うらやましいよ

 オレは毎日 エサ運び・・ ケッコウ きついんだゼ・・』

 

まるで六兵衛に話しかけるように、リビングの窓の外の

電線に 鳥たちが止まる。

 

ときには 胸に込み上げてきて・・

ここ数日、「YouTube」の動画の中にある流行歌を

少しずつチェックしながら集めた32曲を

 新たに昨日、散歩時に聴くためのiPhone内の

「オフライン音楽再生アプリ」に追加 保存した。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2013年の初夏の頃に「さし絵」として掲載していた173作目のカット絵。

 

『YouTube』の流行歌の中から選び ダウンロードした32曲を

パソコン内に一旦 保存し、それら動画の拡張子「mp4」を

「m4a」に変換したあと、『Switch』アプリで音声拡張子の

「mp3」に変え、それらを「iPhone」内の『ミュージック』

と『OPlayer Lite』の二つの「オフライン音楽再生アプリ」に

保存するのだ。

以前には『ミュージック』アプリへの保存は、六兵衛にも

出来ていたのだが、数年前に「mac OS」のバージョンが

「Mojave」だったか「Catalina」だったかに新しく変わった時

「iTunes」と「ミュージック」とが、それぞれに独立したが

その独立した「ミュージック」アプリに保存をする作業が

どうにも六兵衛には難しくなって、別のオフライン再生アプリ

『OPlayer Lite』に保存している。

但し、『OPlayer Lite』アプリは『ミュージック』アプリに比べ

「ストレージ」を2倍以上 使うようだが

『ミュージック』アプリに保存出来なんやから仕方がない。


 「ミュージック」        「OPlayer Lite」

 

「YouTube」の映像を勝手に保存する行為は、違法かも・・

とも思うが、たかが六兵衛一人が ちょっと個人的に楽しむ

ために保存する程度なら、Google社だって許してくれると

決め付けている。

 

さて これで、iPhoneに保存している古い流行歌の数は

元々 入れていた『ミュージック』アプリ内に約250曲

『OPlayer Lite』アプリ内には、これまでに保存していた

約187曲と、今回 新たに保存した32曲を合わせると

約219曲となった。

合計すると約470曲ほどの戦前や戦中、戦後も昭和30年代

頃までの流行歌などが ほとんどである。

特に これら戦前 戦中の歌の中には「軍国歌謡」「戦時歌謡」

「時局歌謡」などと呼ばれ、戦争を美化し 正当化し

国威発揚を促すような流行歌も あったりはするのだが・・・。

 

そんな歌は別にして、多くの古い流行歌を何度も何度も

聴きながら歩いていると、胸に込み上げてくるものが

あったりする・・。

 

往生しまっせ・・

決してパーフェクトな仕上がりを望んでいるわけではない。

先日から始めている、ボケ防止のための再々度となる

ホームページ作りのことだ。

 

https://goheinoyama.web.fc2.com/index.html

 

今更、身の程知らずな高望みだとは思いながらも

どうせボケ防止のために勉強するのなら、極々単純な「HTML」

の初歩的な形を積み重ねただけのホームページではなく

もう一段の高みを望もう・・と、理想だけは高く持った六兵衛

だったのだが、記憶力も理解力もなくなっているうえに

根気までもが なくなってしまっている己に改めて気付かされ

ホームページを作る上で、高く掲げていた六兵衛の理想は

早くも崩れかかっている・・。

 

15,6年前に初めてホームページを作ったとき

次女が作ってくれた「style.css」を丸々そのまま利用させて

もらったし、すでに そのホームページが終わっている今でも

我が「MacBook Air」の中に その「style.css」は保存されていて

使おうと思えばいつでも使えるのだが

再々度となる今回のホームページ作りには、「html」だけでは

なく「style css」も、折角のボケ防止のための勉強なのだから

自分で作ろうと、身の程知らずにも思っていたのだが

ここにきて、あれも これも、行き詰まってしまった。

 

何しろ六兵衛はアナログな人間だから、「サイト」などより

「本」の方が分かりやすい筈だと思い、わざわざ「メルカリ」

で購入した『これから始めるHTML & CSSの本』で勉強を始めた

のだが、最後の頼りの参考書に書かれている説明さえで

理解する事が どうにも難しく

・・・お、オ、往生している。

 

ボケ防止のために勉強するぞ!と、大見得を切って始めた

ホームページ作りだったから、このまま諦めるわけにもいかず

少しは、ほんの少しは 何かを残しておきたいと思ったりも

するのだが、はてさて・・・。

 

雨の中休みを利用して・・

先日、一本の「さつま芋」の種芋から、目が出て育てた十数本の

苗を、3番畝に定植したと日記に書いた。

今日は朝から雨が降りだしたが、10時頃になると 雨は一旦

上がり、夕方から また降り出すとの予報なので

雨の止んでいる間に、もう一本 残っていた「さつま芋」

種芋から芽を出した苗を、5番畝に定植をした。

 

天気予報の通りに、 夕方に雨が降ってくれれば

計算どうりなのだが・・。

これで「さつま芋」を植えた畝が2畝になった・・。

これらの苗が、皆 立派に成長して、沢山の「さつま芋」が

収穫 出来たとしたら、・・こんなに沢山の芋は食えない・・と

内心 思いながらも、プロデューサの つれあいの指示だから

六兵衛は従うしか・・ない。

 

 

表の庭に植っていた「すもも」の木を、枝を思い切って剪定し

裏の畑の隅に植え直したのは昨年の初冬の頃だった。

無事に根付いてくれるか心配だったし、植え直したばかりで

今年の収穫は無理だろうと諦めていたのだが

春になり、白い花がチラホラと咲き始め、葉も茂りだし

花の根元に小さな実もつきはじめた。

もしかしたら今年も 少しくらいなら・・と

「すもも」の実の収穫を期待させてくれていたのだが・・・

・・そして 今日、その一部の熟れた実を収穫する事ができた。

数も少なく 実もやや小ぶりだが、移植して翌年の収穫は

うれしいものである。

 

 

裏の畑の今日

この頃 日中は暑くなって、その下での作業は老体には厳しく

だから早起きをして朝の7時少し前頃より作業を始めている。

 

現在の裏の畑の様子はというと・・

5番畝に植えていた「ジャガイモ」の掘り起こし作業を終わり

耕し直した その後に肥料を与え整地し、次の野菜の栽培まで

少し休ませる。

 

4番畝には何種類かの「トマト」が順調に育ち

可愛い黄色い花も咲き始めている。

春に1本の「サツマイモ」から芽を出させて育てた苗を

3番畝に 昨日 植えた。

2番畝には、主に「ブロッコリー」を、1番畝には「オクラ」

「トウモロコシ」やなどが育っている。

 

何年か前の つれあいの誕生日に、サンタクララに暮らす次女と

アッくんが贈ってくれた「藤の木」を、裏の休憩場所の藤棚の

横に植えていたが、数日前から藤棚に蔓を伸ばし始めた。

 

そのうち休憩時の日陰に役立ってくれるだろう・・。

 

 

田植えの頃

芥川堤道を塚脇橋まで歩く。

 

見上げると空には、秋によく見られる鱗雲のような雲が・・。

 

先日の雨で芥川の水量も 少しは増えたか・・。

 

西の河原や・・

 

 

塚脇辺りの田圃では・・

 

今が田植えの・・

 

・・真っ盛り。

 

ご苦労様です。

 

エプロン記念日」

『「出来たね」と妻が言ってくれたから

           六月二日はエプロン記念日』

・・有名な短歌のアホ真似をしたくなるほどに

昨夜は六兵衛の「エプロン記念日」となった。

 

これまで5月11日と 5月28日の2回にわたって

「エプロン」の いきさつを書いている・・。

5月11日「エプロン」

5月28日「六兵衛のエプロン・・その後」

 

六兵衛が夕食後の食器を洗う際、つれあいが作ってくれた

「エプロン」を、ついつい付け忘れて洗い始めた後で

『あっ!そや、忘れてた』と気が付いたり

後ろから つれあいにツンツンと突っつかれて気付いたりと

これまでエプロンを作ってもらった最初の日以外は

エプロンを付ける事を忘れる日々が、ずーっと続いていた

のだが、つ、ついに昨夜、「エプロン」を付けてから

洗い始める事が出来たのだった。

たかが、最初からエプロンを付けるかどうか・・という

取るに足らない事ながら、22日間という長い時間がかかって

しまっただけに、フッと サラダ記念日を真似た短歌モドキが

沸いて出てきたのだろう・・。

 

『サラダ記念日』とは、今から30年ほど前に

俵万智さんという若い女性が出版した短歌集のタイトルで

ベストセラーになり、その中の代表的な一首・・

『「この味がいいね」と君が言ったから

            七月六日はサラダ記念日』

という短歌を、フッと思い出したモノマネである。

 

この「サラダ記念日」、TVドラマや松竹映画「男はつらいよ」

第40作の『寅次郎サラダ記念日』などの映画にもなるほどの

話題にもなった。

 

叱・咤・激・励

六兵衛のボケ防止のためのホームページ作りは、なかなか

スムーズには進んでくれない。

理解力とか記憶力とか、六兵衛には どうにもならない問題が

立ち塞がる。

ネットのサイトなどで学ぶホームページの作り方や

メルカリで購入した『これからはじめるHTML & CSSの本』

を参考に、少しずつ頑張ろうとしているのだが

理解力と記憶力と、そして少々の想像力の無さが

六兵衛の前に立ち塞がっている大きな壁を越えられない。

進まないと分かっていても、今日も「HTML」と格闘する。

六兵衛から六兵衛への叱咤激励である。

 


今は 高校1年生の孫娘が、小学校に入学する頃に描いたマンガ絵。

 

参考本『これからはじめるHTML & CSSの本』の導きでは

「HTML」や「CSS」などの一応の練習で作り上げた

「HTMLファイル」を、最後の仕上げとして「転送ソフト」を

使ってアップロードして、サイトを公開するという段取りに

なっている・・ようなのだが、それより以前で 大きく高い壁を

目の前にして、いささか落ち込んでいる六兵衛は

とりあえず ここは、思い切って 跳ねてみることにした。

 

ボケ防止大作戦

 

もちろん六兵衛が、ここまで練習用に作ってきたファイルは

まだまだ中途半端のままなのだが、六兵衛に刺激を与えようと

とりあえず一度、公開してみることにした。

 

HTMLを書くテキストエディタは「CotEditor」

アップロードする転送ソフトは「Cyberduck」

一般公開するためのサーバーは「FC2」等々・・

全て無料で利用させてもらい 公開した。

 

単純なタグを 単純に並べただけの「HTMLファイル」で

「CSS」などのデザインやレイアウトなどの記述をする前の

状態だから、文字も色も配置も単調である。

これが、今の六兵衛のホームページ作りの能力の限度で

ここから少しでも、例えば「CSS」などを記述しながら

六兵衛自身に納得してもらえる「ホームページ」を

作るつもりの六兵衛である。

 

※ 追記

中途半端とはいえ、張り切って?公開した「ボケ防止大作戦」

だったが、Google以外の「Safari」や「Firefox」のブラウザで

公開された 我が「ボケ防止大作戦」を開いてみると

なんと!どちらも文字化けしてしまっていた。

 

文字化けする原因をサイトで調べてみると、それぞれの

ブラウザの「表示」から「テキストエンコーディング」へと

進み「UTF-8」を選べ・・などと書いている。

そういえば、「ボケ防止大作戦」でのHTMLを書いている際に

<head>タグの中に  <meta charset=”UTF-8″>と書いた記憶が

あった。

だから「ボケ防止大作戦」は、すでに「UTF-8」に指定された

「テキストエンコーディング」となっているはずなのだ。

改めて「ボケ防止大作戦」のテキストファイルを見直して

みると・・・何とナント、「UTF-8」と書くべきところを

「UFT-8」と書き間違えているではないか。

すぐに書き間違いを訂正したが、・・・や、やっぱり六兵衛は

軽薄短小のアホなのである。

あぁ〜・・・。

 

レ、レス・・ポ、ポン・・シ・・ブ、デザイン ?

六兵衛が 性懲りも無く、何度目かのホームページ作りの挑戦を

始めた事を知ったサンタクララに暮らす次女からメールが来て

『頑張ってね!』との励ましの文章のあとに・・

『以前とは違い 今は、PCやタブレット・スマホなど

画面サイズが違っても、見やすくなるように工夫された

「レスポンシブデザイン」という方法が主流になっているヨ』

と教えてくれた。

 

・・・レ、レス・・ポ、ポン・・シ・・ブ、デザイン ?

・・初めて聞く言葉、しかも 言いにくい。

 一度では覚えられそうにない言葉だ。

そして次女は・・『初めは難しいと思うけど頑張ってね!』と

エールを送ってくれていた・・。

・・・こんな「絵文字」まで入れて・・。

 

もちろん すぐに「レス、ポ、ポンシ・・ブ、デザイン」とは

何ぞやと検索してみた。

以前 ホームページが盛んだった頃は、その対象はPCだけを

考えれば良かったのだろうが、今では対象が増えたうえに

それらの中心が、PCからスマホに替わった現状では

「HTML/CSS」を書くのも複雑になって当然なのだろう・・と

想像くらいはできる。

 

「レス・・デザイン」に関する説明のブログを数件見たが

書いている内容が、六兵衛には ほとんど理解できない。

いくら「自分のボケ防止」のためとはいえ、その 難しそうな

「レス・・デザイン」に、挑戦する前から六兵衛はギブアップ

してしまいそうだ・・。


以前に遊びで作った「gifアニメ」が、パソコンの隅っこに残っているので
懐かしシリーズで掲載する。

 

現在の主流といわれる その「レス・・デザイン」の方法を

六兵衛が「ボケ防止」のために挑戦しているホームページに

取り入れる以前に、もっと単純であるはずの「HTML/CSS」

の基本的<タグ>を、ただ並べる事でさえ四苦八苦している

のが現実である。

 

言い訳になるようだが、六兵衛のホームページ作りは

あくまでも「ボケ防止」が目的であり、スマホやタブレット

PCなどと いった対象に、どのように反映されるか・・と

いうよりも、六兵衛の愛機「MacBook Air」に反映された状況

を六兵衛自身が確かめられれば、それで良い事なのだ・・。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2012年の初夏の頃に「さし絵」として掲載していた132作目のカット絵。

 

頑張ってね!・・と、せっかく次女が教えてくれた

「レ・・スポン・・シブ、デザイン」だが

今の六兵衛には、どうにも手に余りそうな作業のようだ。

ただ「レスポンシブ デザイン」という言葉と

その存在の意味を知ることが出来ただけでも ありがたい事で

感謝である。

 

六兵衛のエプロン・・その後

5月11日の日記に、つれあいが手縫いで作ってくれた

六兵衛が使う「エプロン」の事を書いた。

 

https://arukuneru.com/2021/05/11/

夕食後の食器洗いのために、つれあいが作ってくれた

六兵衛の「エプロン」である。

 

いつものように 食事が終わり、テーブルの食器類を台所の

流し台に片付け、食器を洗う作業に入るのだが

食器を洗い始める前に、その「エプロン」を付けてから

洗い始めた事は最初の1日だけで、その後は 必ずといって

いいほど、食器を洗い始めた途中で「エプロン」をしていない

ことに気づき、改めて「エプロン」をする六兵衛である。

 

六兵衛が夕食後の食器洗いをする習慣は もうだいぶ長く

だから その仕様は、まさに「板についている」といえなくも

ないと思うのだが、「エプロン」をすることに関しては

まだまだ 板につかないようである。

 

六兵衛の物忘れも 一事が万事 こんな調子なのだが

途中で思い出すことが出来るくらいだから

まだまだ六兵衛のボケ具合も、何とか大丈夫なんじゃぁないか

・・と、つれあいと慰め合ったりしている。

 

三つの池

夜 寝る前の30分ほどの時間 文庫本を読む。

今は大沢在昌さんの初期の代表作『新宿鮫』シリーズ

(光文社文庫)の再読を始めた。

 

日本一の繁華街を管轄する新宿署勤務の鮫島警部は

元はキャリアの警察官ながら、警察内部の抗争に巻き込まれ

署内では仲間もおらず、一人で動く はぐれの刑事という設定の

ハードボイルド小説である。

 

その『新宿鮫』(文庫本)の第Ⅱ巻 (毒猿)の最初のページに

「新宿御苑」の案内図が出てくる。

 

《 この物語のクライマックスで、”毒猿”の異名を持つ殺し屋と

鮫島警部との活劇が「新宿御苑」で行われるはずである。

「新宿御苑」は、江戸時代に徳川家康の家臣・内藤清成の屋敷

として造られたが、明治維新後には国営の農事試験場

宮内省の御料地、そして皇室庭園となり

戦後になって国民の公園として、一般に公開されるようになった

都心の緑の多い公園である。》

Webでの地図を参考に見てみると、新宿御苑内に何ヵ所か”池”が

あって、「上ノ池」「中ノ池」そして「下ノ池」と

それぞれの池に名前がついている。

 

六兵衛が日々散歩をしているコースのひとつに

その「新宿御苑」の三つの池と同じ名前の池の そばを通る

コースがある。

阿武山から上ノ池公園を通って奈佐原までの

約1時間半の散歩道の途中に「上ノ池」「中ノ池」「下ノ池」

と三つの池があり、季節によっては水鳥がのんびりと浮かんで

いるのを眺めながら歩いたりする・・。

 

・・とはいっても、池が三つも並んでいれば

その池の名前に上・中・下・・を付けたとしても

別に珍しい事ではないのかもしれないが・・

けど サ、六兵衛としたらサ、 ただ ちょっとサ ・・

嬉しくなったの・・ヨ

 

早く来た・・梅 雨

記録的に早い梅雨がやってきた・・。

数日前の梅雨の晴れ間に、裏の畑に定植した それぞれの野菜たち。

梅雨の到来以後 晴れ間の日は少なく、毎日のように雨が降ったり

止んだり・・。

特に昨夜のように強い雨が降ると、まだ しっかり根付いていない

野菜たちが倒されないかと心配になる・・。

 

3月の終わり頃、大玉やミニトマトのタネをポットに植え

まだ寒い時期だからと室内で大切に育てた10数本の「苗」を

数日前に裏の畑に定植した。

 

強風などで倒れないように、空になった肥料のビニール袋で

カバーをしたが、もう そんな袋から飛び出すほどに成長している。

 

トマトや、他の野菜などと一緒に 室内のポットにタネをまいて

芽が出るのを待っていた「ゴーヤ」だが、芽が出てくれない・・。

一度ならず 二度までも、ポットの土を替え! タネも替え!

・・芽が出るのを待ったけれど

6ポット×2度・・1個の「芽」さえ出てくれなかった。

結局 その「タネ」が悪い所為だ・・と決めつけ、今年は諦め

ホームセンターで わずかに残っていたゴーヤの苗を2本買った。

まだ棚が必要なほど大きく育っていないキウイフルーツの為の棚を

一部 使い ネットを張って、その下に買ってきた「苗」を植えた。

 

ゴーヤの苗と一緒にホームセンターで買った「オクラ」2本と

「トウモロコシ」7本mの苗を 2,3日前に植えた。

植えたばかりで、まだ完全に根付いていない「トウモロコシ」と

「オクラ」の苗が、昨夜の強い雨によって倒れていないかと心配に

なり、朝 裏の畑を覗いたら、みんな健気に・・立っていた。

 

梅雨時だとはいえ、とりあえず雨は もういい・・。

せめて2,3日 日射しが 欲しい・・。

 

 

勉強中

畑仕事や散歩、昼寝や文庫本読み などなど・・

こう見えても六兵衛は 結構忙しいのだが

年齢を重ねるごとに確実に増してくるボケは

忙しい日々を送っているからといって容赦をしてくれない。

他の人には たやすいことでも、六兵衛には苦手な事で

だから あえて挑戦をすることによって、少しでもボケを遅らせ

ようと始めた「ホームページ」作りである。

 

5月13日の日記 参照。

再々度 ホームページ作りを始めてみたものの・・』

以前の日記(5月13日)

 

以前に、未熟なりに作っていた頃の微かな記憶と

ネットで得るノウハウを参考に作り始めたホームページだが

ボケ始めた頭では、どうにも上手くいかないから

メルカリで購入した『これからはじめるHTML & CSSの本』で

改めて勉強を始めている。

 

まず初めにした事は、これまで自分本位に作っていた「html」を

全て削除し、「メルカリ」で購入した参考本の指示の通りに

進めることにした。

 

下図が 現在の練習結果である。

但し、内容の文章には何の意味もない・・。

そして現状では、これらのタグをホームページとして公開するまで

勉強が進んでいないので、製作する六兵衛しか 現状の仕上がり

状況を見ることは出来ないのだ・・。