自分 よがり・・(1)

今から8年ほど前、読み終えた文庫本の備忘録のつもりで

あらすじや感想などを簡単に書いた『大衆娯楽小説は文庫本で』

というタイトルのFC2ブログを作っていたことがある。

 

しかし  そのブログを、2年3年と続けていくうちに

文庫本を読み終わればブログに感想を書かなければならない・・

との思いが、文庫本を気軽に楽しく読みたいはずなのに

だんだんと 重く感じるようになってきて

3年目を過ぎたあたりで ブログを止めた。

 

ブログは削除したから感想文などの記事は残っていないが

週に一度ていどの感想文の更新時には、必ず きーポケが描いた

カット絵を にぎやかしのつもりで掲載していた。

そのカット絵は 3人の孫をモデルにした

特別どうということもないカット絵なのだが

今 妙にそれらのカット絵が 懐かしく 愛おしい・・。


2010年 春、感想文を始めたばかりの頃で、本に関係した内容が多かった。

 

その頃はマンガ絵を描くのは楽しかったし

他のブログなどにも にぎやかしのつもりで載せたり

離れて暮らす家族への誕生カードにもマンガ絵を添えて

贈っていたが、きーポケが70歳になりかけたあたりから

マンガ絵を描く事が 何となく億劫に感じるようになって

今では もう ほとんど、マンガ絵を描くことも

誕生日カードを贈ることも なくなってしまった。

 

だから 尚更なのかも しれない・・

2010年の春から 2013年の夏あたりまでの3年余り続いた

『大衆娯楽小説は文庫本で』のブログ上で

孫達に遊んでもらったマンガ絵が、どうにも懐かしく思うのだ。


2010年 梅雨のころ・・

 

3年と少しのあいだ描いてきたマンガ絵 176枚は

きーポケのMacBook Proの中に ちゃんと保存をされている。

 

老後は 自分よがり・・

ブログも 自分よがり・・

 

コメントする