こ も り う た

2011年に買った「iPad2」が 数年前あたりから

思うように動かなくなったから

そのあと すぐに「iPad Air2」を購入している。

だからといって  古くなった「iPad2」を いまだに処分する

気にはならず、きーポケが 夜寝るときの子守唄 替わりの「音楽」

や「podcast」の番組を聴くために使っている。

 

 

一方、2010年に購入した「Windows8→10」も

だいぶ以前から バッテリーは壊れているし、動きも重く鈍くなって

起動するまでに時間がかかり、イライラする事が多いが

それでも この「Windows8→10」も、まだ処分するつもりはなく

だから今「Windows8→10」は、きーポケが昼寝をするときの

子守唄替わりに「YouTube」から流れる「落語」や「小説の朗読」

「音楽」などを聴くのに役立っている。

 

ところが 数日前あたりから、夜の睡眠中に使っている「iPad2」が

歳を重ねるにつれて回数が増えてきた夜中の小便で目覚める度に

電源が切れて音が止まっていたり、別の画面に変わっていたりと

動きが ますますおかしくなってきている。

もしかしたら 夜の長時間の使用には耐えられない・・

そんな具合の「iPad2」なのかもしれない。

 

 

だから どっちもどっち・・の、似たり寄ったりの能力しか残って

いない「iPad2」と「Windows8→10」なんやけど、案外

使う場所を変えてみるのも、うまくいく一つの方法かもしれない。

 

短時間使用の昼寝時には「iPad2」で「YouTube」を流し

長時間の夜の睡眠用には「Windows8→10」に働いてもらって

「Podcast」の番組を聴き流すことにしたらどうだろう・・。

 

 

但し ここで問題なのは「Windowsパソコン」で「Podcast」が

聴けるのか・・ということだ。

 

ネットで調べてみた。

 

「Windowsパソコン」に「iTunes」をインストールすれば

「iTunes」内に入っている「Podcast」の項目で聴けるという。

 

 

早速「Windows8→10」に「iTunes」のインストールを試みた。

 

「iPad2」で「Podcast」を聴くのならなら

わざわざ「iTunes」を通さなくても、「iPad2」内にインストール

されている「Podcast」のアイコンをクリックするだけで

割とシンプルな画面と分かりやすい操作で番組を聴く事が

出来るのだが、「Windowsパソコン」の場合は

「iTunes」内に組み込まれている「Podcast」を聴く形になり

「iTunes」の使い方が今ひとつ分からないきーポケには

何となく面倒そうな印象ではあるが、それでも何とか

「Windows8→10」で「Podcast」の番組を聴く事が出来た。

 

O K !

当分 この形で眠ろう・・。

 

竹 箒

落ち葉の季節だ。

 

我が家の庭の桜の木も 今が盛りと紅葉し落葉している。

あ、もしかしたら・・落る葉に「盛り」と続けるのは

ちょっとおかしいか・・。

 

とにかく、朝 前日に溜まっている落ち葉を掃除したばかりなのに

昼前には もう、下のような状態になる。

 

この落ち葉の掃き掃除が、きーポケの この時期の

便通を良くするための運動を兼ねた仕事なのだ。

 

そういえば、南草津に暮らす長女が10月30日の「Facebook」に

「箒」の事を書いていた。

神々しいほどに使い古した「箒」の写真を載せて・・

 

我が家の竹箒も、落ち葉を長年掃いてきて古くなったので

今日 ホームセンターで新しいのを購入したあと

長女の「Facebook」の写真を思い出して 新旧の「竹箒」を

並べてみたら・・

我が家の「竹箒」も そこそこ頑張っていたらしい・・。

 

詐 欺 に 注 意 !

突然 画面に現れた!

 

それは きーポケが、ある「ことわざ」の同義語を

サイトで調べている最中だった。

 

突然 上記のような『おめでとうございます!

Googleをお使いのあなたに!・・・』なる画面が現れた。

・・オレが当選者・・?

すぐには その意味が わからず

だからすぐ、そこに書いているような文言をサイトで検索したら

出てくる、出てくる・・

詐欺への注意喚起のブログがイッパイ出て来た。

 

試しに、ほんの試しに「OK」をクリックしてみたら・・

 

クイズに答えてくれ・・という。

ちょっと値打ち持たせる 姑息な腹づもりやで。

どちらにしても、この先へ進めばクレジットカードやパスワード

などの個人情報を入力させるつもりのようだ。

 

きーポケのような中途半端なジーさんの素人は

特に注意を怠りなく、なく。

 

訪 問 者 数

これは悪意か・・軽いイタズラか・・。

 

稚拙ブログとはいえ「当ブログ」にも

一応「Count per Day」という「waoedPress」ブログでは

評判の高いカウンターを貼り付けている。

 

ところが この頃、その統計に異変が生じている。

ここ1ヶ月前あたりから「1日の訪問者数」が当ブログでは

過去に例を見ないほど大きく増えている。

これまでの当ブログの訪問者数は1日平均10人前後であった。

過去のきーポケが作ったきたブログの訪問者数にしても

精々 その程度の「数」なのであった。

 

それが1ヶ月前あたりからの1日の訪問者数を

「Count per Day」で調べてみると・・

 

1日の訪問者数が30人前後、日によっては50人以上にも

増えているのだ。

 

もちろん多くの世間様が作っているブログの訪問者数からすれば

例えそれが100人でも300人でも当たり前の数なんだろうが

きーポケのブログとしては ほとんど経験のない「数」なわけで

これは 何かの悪意か・・と疑いたくなるのである。

 

はっきりと言っておく。

訪問者が『増えた!増えた!』と簡単に喜ぶほど

きーポケは単純では なーい。

 

異常な「数」なのである。

何者かの悪意ある何かの意思か・・軽いイタズラか・・。

何れにしても 当分は要注意だろう・・。

 

貸本マンガの影響を・・

遠〜い昔の きーポケが やっと中学生になった頃の話。

3歳上の兄の影響を受けて、子供ながらマンガを描き始めたんだ。

その頃は貸本漫画の全盛で、「劇画」というジャンルのマンガが

出始めた頃だった。

 

『影』とか『街』とか『刑事』とか、そんなタイトルの

沢山の貸本屋向けのマンガ本が出版され

貸本屋から貸し出されていた。

そんなマンガ本を1冊5円だったか10円だったかで一晩借りて

貪るように読んだもんだ。

 

中学2年生の時、同じクラスにマンガを描くことが好きな同級生が

4人もいた・・偶然だったけど。

学校でも 行きも帰りも、いつも連んでマンガの話 ばかりだった。

そんな同級生4人みんなの描いたマンガを集めて

きーポケがタコ糸と糊とで お粗末だが製本した雑誌が

物置の奥から見つかった。

 

つれあいが物置の整理をしていて、そんなマンガ本を見つけて

出してきてくれた・・「断捨離」効果・・か。

 

もちろん 、子供の作る物だから、お粗末な出来栄えだけど

少しでもそれらしく真似をしようと、雰囲気を楽しもうと

精一杯作ったものだった。

 

嗚呼・・あの頃が 懐かしい・・。

 

「macOS 10.14 Mojave(モハべ)」・・その3

Appleが「macOS High Sierra 10.13.6 」に替わる

新しいバージョン「macOS 10.14 Mojave(モハべ)」を

リリースしてから1ヶ月以上が過ぎた。

 

これまでにも当ブログで2度ほど、新バージョンの

macOS 10.14 Mojave(モハべ)」について どうすれば良いのか

迷う状況などを書いてきた。

 

ところが、我がMacBook Pro内の「アプリケーション」の中に

いつのまにか、いつのまにか、他の様々なアプリに混ざって

macOS 10.14 Mojave」のインストール用のアイコンが

ちゃっかり収まっているのに気がづいた。

 

いかにも『さあ 早くインストールをするんだよ!』と

言われているように・・なのである。

 

いつのまに、インストール用のアイコンがダウンロードされて

そこに あるの?

きーポケに一言の許可もなく そこに あるの?

こんな事されたら『 はよせえ!はよせえ!』って

ケツ つっ突かれているようで、何となく せわしないやんかぁ

 

 

だから改めて、しつこいようだが 今回も また

新しいバージョン「macOS 10.14 Mojave」に対する世間の声を

調べてみた。

 

『今度のアップはメジャーアップデートなので

アップデートをしてしまうと、今まで動いていたアプリが

動作しなくなる可能性もある。

慎重に調べてからアップデートするべきだ。』

 

『インストールしてみたら、OSの動作は非常に重くなった。

Chromeを開いても、もっさりしているし、何をやっても動作が 

もたつく感じがすが、「クリーンインストール」をすれば

サクサク動作をするようになった。』・・などとの意見もあり

何だか ややこしそうでもある。

 

macOS Mojave にアップグレードしてしまうと

メジャーアップデートなので、仮に何かあっても

macOS High Sierra」には戻れない・・との声もある。

 

Appleの勧めを無視してアップグレードしないままでいると

何となく乗り遅れたような気持ちになって

ちょっと焦りたくも なったりする きーポケではあるが

落ち着いて いろいろ考えるに・・

今のままのバージョンでも特に困る事があるわけでもなく

何か不都合が起きそうになるまで、当分 このままで行こうかと

そんな気持ちに傾きかけている 今日この頃である。

 

和服の帯の締め方・・。

年に一度 「文化の日」に近い日曜日に、市内の現代聞場で

「箏、三絃、尺八による邦楽演奏会」なる催しがある。

つれあいは毎年この催しに参加し、素人ながら仲間の方々との

演奏を楽しんでいる。

そんなことが もう10年以上も続いている。

 

邦楽演奏ということで、参加する皆さんは 当たり前ながら

和服を着ての出演ということになる。

年に一度のこんな時しか、つれあいに和服を着る習慣はない。

もちろん、つれあい一人で帯などは結べないから

演奏会のこの日の朝は、きーポケの手助けが

どうしても必要になってくる。

 

年に一度の事とはいえ、これまで10数年間

帯締め作業を経験してきても、毎年 秋のこの日の朝は

二人して帯締め作業に奮闘する事になる。

未だに覚えられない・・上手く仕上げられない・・。

 

だからその都度、雑誌の「和服の着方」だとか

You Tubeでの「帯の締め方」などの映像を参考にするのだが

何年 経っても、満足出来る帯を締められたことがない。

 

歳を重ねてきて、少しずつボケて来たせいか・・。

歳を重ねてきて、忘れっぽくなって来たせいか・・。

回を重ねるごとに、むしろ下手になっていくような気がするのだ。

 

特に昨年の出来具合は最低で、点数を付けたら40点。

あの時は結局 時間が無くなって

会場へ行って仲間に直してもらうと言って出かけたのだった。

今年の点数は55点。

仕上がりは ともかく、やり直しが1回で済んだもんだから・・。

 

もし、帯の結び方の国家試験・・なんてのがあったとしたら

きーポケは絶対に試験には受からないだろう。

 

もちろん 受けるつもりは、ありません!

 

市兵衛さんの出自が・・

現在出版されている多くの娯楽小説の中で きーポケが最も好きな

『風の市兵衛シリーズ』(辻堂魁さん作)は

昨年の夏に出版された第20巻目の『風の市兵衛・架け橋』で

シリーズは終了した。

 

・・・と思っていたら 嬉しいことに、半年後の今年の2月に

新しいシリーズ『風の市兵衛 弐』が始まった。

 

ところで、これまで続いて来た『風の市兵衛シリーズ』全20巻

では、市兵衛さんの出自についての説明は あまり多くなかった。

 

旗本 千五百石 公儀目付役・片岡賢斎の後妻(のちぞえ)に

片岡家に足軽として使える唐木忠左右衛門の娘・市枝を迎え

賢斎と市枝の間に生まれた子が市兵衛さんだが

母・市枝は市兵衛さんを産んで すぐ亡くなってしまったから

市兵衛さんは母親を知らない。

そして市兵衛さんは 片岡家の第四子として育てられた。

 

市兵衛さんが13歳のとき、父親の片岡賢斎が亡くなる。

そのとき 片岡家の足軽・唐木忠左右衛門が市兵衛さんの祖父

だという事を初めて聞かされた。

そして祖父・唐木忠左右衛門は市兵衛さんに言った。

『お前は侍の子だ。お前の父がそうしたように 奈良の興福寺へ行き

おのれの声が聞こえるまで、剣の修行に身をゆだねてみよ。

必ず声は聞こえるだろう・・。』と。

 

祖父の手で元服を終え、片岡才蔵から唐木市兵衛と名を変えて

上方へ上り、奈良の興福寺の門を叩いた。

興福寺で剣の修行を重ね、大阪・堂島では そろばんや商売を

伊丹の酒蔵や米農家では 物を作ることを学び

日本各地を歩いて、35歳のとき江戸に戻って来たのである。

 

シリーズの全20巻を通しても、この程度のことしか市兵衛さんの

出自については語られていない。

 

 

そして 新たに始まったシリーズ『風の市兵衛 弐』の第1巻で

市兵衛さんの母方の出自が明らかになる。

 

奈良吉野山門前の中町に館をかまえ、代々 吉野一山町方の

総取締役を継ぐ地下老分・村尾家の今年119歳になる大婆様に

「江戸の市兵衛を吉野に呼ぶように・・」とのお告げが降りた。

一人の修験者が江戸に来て市兵衛さんを探し出し

『吉野に来るように・・』と告げる。

すぐさま吉野に出向いた市兵衛さんは、村尾家の大婆様に会い

自分の出自を知ることになる。

 

それは60有余年前・・

南都の本仏師としての家に生まれ、その生業を営みつつ

大嶺奥駈をする若い修験者がいた。

のちに市兵衛さんの祖父となる若き頃の唐木忠左右衛門である。

吉野山門前の中町に館を構え、代々 吉野一山町方の総年寄役を

継ぐ地下老分・村尾家の娘・梢花と恋に落ちた唐木忠左右衛門は

許されぬ恋に二人で手に手を取り駆け落ちをして江戸に出る。

忠左右衛門は奈良・興福寺で共に剣の修行をしたことのある

剣友、千五百石の旗本・片岡賢斎の足軽となり

梢花は市兵衛さんの母親となる市枝を産むが

梢花は亡くなってしまう。

市兵衛さんの母方の先祖が、奈良吉野の総年寄役の

地下老分・村尾家だと分かって江戸に戻った市兵衛さんは

江戸の町で殺しを請け負う浪人・信夫平八を倒し

その信夫の二人の幼い遺児を引き取り新しい暮らしが始まる・・。

 

『風の市兵衛 弐 第2巻・修羅の契り』も『第3巻・銀花』も

すでに出版されているのだが、中古本としての値段が¥400とか

¥500とかでは、まだ きーポケには手が出ない現状なのである。