8月の畑模様

カンカン照りの暑い日には、畑に出る勇気はないが

今日は、ときどき小雨が ぱらつくような曇り空だから

表と裏の畑に植えている「ナス」の枝を

秋ナス用の準備のために、更新剪定(切り戻し)をした。

 

遅くなって植えた「トウモロコシ」にも

かわいい「実」が付いているゾ。

 

「ブドウ」の房の形は まばらで、見た目は決して良くないが

「実」が 少しずつ色付き始めた。

少し取って食べたが、まぁまぁ食べられる・・。

 

表の畑の「キューリ」の枝が枯れはじめ

もう「実」のなる様子もなく、今年の終わりを迎えたようだ。

『ご苦労さんでした・・』との想いを込めて、枝を全て撤去した。

 

暑い夏は まだまだつづく・・。

 

あっちもこっちも 暑いゾ !

政治家絡みの「旧 統一教会」との癒着問題。

旧 統一教会側の問題はともかくとして・・さて 政治は

自分たちが当事者の この問題に、これまでの首相たちが

よく使っている言葉「信頼を取り戻す」とかのために

どう 自らに決着を付けるのか、国民は よく見ておく

必要がある。


孫たちが まだ小さかった頃に、遊びで作った「gifアニメ」が
パソコンの隅っこに残っているので、 懐かしシリーズで掲載する。

 

ロシアのウクライナに対する、強引な軍事侵攻の終わりが

なかなか見えない。

ミャンマーの軍事政権による民主化への弾圧。

そして 中国が、台湾周辺での軍事演習などで威嚇をし

「必ず報復する」とまで言わせる、アメリカ下院議員の

台湾訪問に、どっちもどっちの子供の喧嘩のようだが

いつの間にか 意地を張り合い、気がついたら 本当の戦争に

なっていた・・などとならないことを、ただただ 願う。

 

安倍元総理の国葬問題。

死者に鞭打つつもりはないが・・国民の税金を使っての

あの方の・・国葬?

 

大阪維新の夢洲への統合型リゾート(IR)問題。

カジノ施設、ホテル、MICE施設、レストラン

エンターテイメント施設 等々、「成長する大阪」との

スローガンを掲げるが、所詮は「博打場」作りである。

 

東京五輪・パラリンピックという国を挙げてのイベントに

組織委員会の元理事と大会のスポンサーを希望するAOKIとの

資金授受を巡る よくある賄賂疑惑だが、もっと奥の方で

その旨味に政治家が絡んでいないわけがない。

組織委員会の元理事は「電通のOB」らしい。

ここでも「電通」の名前は、金が動くイベントには必ず絡む。

 

「ガーシー」という元暴露系のYouTuberが

NHK党から、先の参議員議員選挙で当選したが

帰国すると逮捕されるとの心配からだろうか

今も犯罪者取引協定を結んでいない中東・ドバイに滞在して

いるという。

「NHK党」も「ガーシー」も、何より彼を当選させた

国民も、なんとも はや・・・。

 

今年の梅雨が明けるのは、えらく早かったし

今更 異常気象などとは おこがましいような熱波の日々。

暑い! 熱い!

 

そして、様々な問題が山積みの世界や日本の情勢の中で

国民が何より頼りにするべき日本国の首相は

『聞く力』などと、相変わらず口先だけのキレイ事を言うだけ。

いったい だれの言うことを聞こうというのか・・。

国民に対する やる気の無さは相変わらずで、決して諸問題の

支えにはなりそうもない。

 

Question.

六兵衛のパソコン能力では、ひとつのアプリの操作を

たとえ 大まかにでも習得するのは、容易な事ではない。

そんな六兵衛ごときパソコン未熟者が、出来れば都合よく

気軽に使える「テキストアプリ」を探している旨を

六兵衛ブログに書いたら・・

サンタクララに暮らすアッくんが、動画を作って教えて

くれた「テキストアプリ」は、元々 Mac内に付属されている

『メモ』アプリだったようだ。

そこで 早速、『メモ』アプリを「ファインダー」内の

「アプリケーション」から「Dock」へ移し

いつでも使えるようにして練習を始めたのだが・・

 六兵衛ごときには その操作方法も、簡単に理解出来そうにも

ない。

 

まず壁にぶつかったのは、「ツールバー」といわれる場所に

表示されている、いろいろなアイコンをクリックしても

半分以上のアイコンが、何の反応もしないのは何故だろう ?

また、文字の大きさを変える場合、すべての文字の大きさが

変わってしまうが、出来れば 指定した文字だけが変わる

ように ならないものだろうか?

などなど、『メモ』アプリを使う上で、今のところ そのような

事をアッくんに尋ねたいのだが、六兵衛とアッくんとは

「翻訳サイト」を間にしての会話だから、なかなかに細かな

ニュアンスは難しいのだ・・。

それに アッくんは仕事が忙しい・・。

神経を使う仕事らしく、そうそうパソコン未熟者の六兵衛の

相手ばかりもしてられない・・とは思うのだが

ちょっと甘えて、分からないことは 尋ねるしかない。

『翻訳サイト」に頼りながら、六兵衛の疑問を英語に変えて

メールでアッくんに尋ねるのだ。

 

例えば、このような画像を添付しながら・・。