歌謡曲 知ってる?

夏休み、2番目の孫(高2男子)と3番目の孫(中2女子)が

我が家に遊びに来ている。

歌詞がダラダラと続く今風の歌を 孫がスマホで聴いている。

フト思い立って六兵衛は 孫たちに聞いてみた。

『歌謡曲を知ってる?』と・・。

どうやら孫たちの世代は歌謡曲という言葉を知らないらしい。

今風の歌は歌謡曲とはいわないようだ。

そうかもしれない・・「歌手」のことだって「アーティスト」

とか言って 芸術家のように云うんだから・・。

 

そこで六兵衛は 孫たちに頼んでみた。

『ジーちゃんの一番好きな歌を聴いてくれるか?』と・・。

六兵衛の頼みだから断りにくい事もあったろうし

つれあいの助言もあって、とりあえず聴いてくれるという。

 

iPhoneに保存して、散歩の時にいつも聴く歌謡曲の中から

六兵衛が一番好きな ちあきなおみさんが歌う「男の友情」を

流した。

 

1番から3番まで たっぷりと、ちあきさんの気持ちのこもった

男歌に、だんだんと感情が高ぶって涙目になるのは

六兵衛ジーさんの方で、歌が終わっても感情は高ぶったまま

抑えられず、5分間だけ時間をくれと断って

この歌が作られた状況を孫たちに話し始めた。

 

作詞家志望の高野公男さんと、作曲家志望の船村徹さんの

若い二人が 戦後間もない頃に 東京の音楽学校で出会い

意気投合し夢を語り合い、二人で作った『別れの一本杉』が

大ヒットしたが、その後 高野さんは結核病になり入院し

田舎での闘病生活を送ることになる。

 

入院中の高野さんは病と闘いながらも、早く病気を治して

東京へ戻り、船村さんと また一緒にいい歌を創りたいと

思いながらも、しかし病気は良くならない・・。

 

そんな思いを詩に書いたメモ帖を、高野さんの死後

船村さんが枕の下から見つけ、曲を付けて出来た歌が

『男の友情』なのだと、六兵衛は鼻水をすすり涙ながらに

説明するのだが、ちょっと酒を飲み過ぎたらしいジーさんの

そんな仕草が可笑しいのか、孫たちは笑うだけで

どうにも時代の違いもあってか

この歌の良さは、伝わらなかったようである。

それでも 一緒に この歌を聴いていたつれあいが

『よく聴いたら ええ歌やねぇ・・』と言ってくれたから

六兵衛には それで充分なのだ。

 

懐かしい人達を見つけた

昨夜 何気に検索サイトで、我が故郷に変わりはないかと思い

「四万十市ニュース」と入れてみた。

『四万十市臨時職員3人を大麻取締法違反容疑で逮捕・・』

という記事の下に、「朝日新聞デジタル」のサイトがあり

そこをクリックすると、四万十市での いろいろな

「最新ニュース」が並んでいた。

一条神社で行われた女郎蜘蛛の相撲大会の記事や

宝石のような青いカエルをみつけた などの記事に並んで

懐かしい場所と人の記事を見つけた。

 

六兵衛が小学校高学年の3年間を過ごした須崎小学校での

同級生だった栄ちゃんが動画に出ている。

そこには おじーさんになった栄ちゃんが写ってる。

もちろん六兵衛だってジーさんだが・・。

 

2019年6月19日の記事・・・

『「薮が市里づくり委員会」の住民グループが

1999年頃から始め、今年は1万本を超える百合の花が

山里の道を華やかに彩る・・』とある。

そのグループの会長として栄ちゃんは活動していて

『今年も多くの花が咲き、、山里が明るくなった。

多くの人に見てもらえると うれしい』とインタビューに

答えている栄ちゃんは かっこいい!

 

そして また 驚くことに

その「最新ニュース」の5月9日のニュースに

六兵衛が中学生の時の同級生で、大人になって1年間ほど

一緒に仕事をさせてもらった貞夫さんの自宅の庭の木に

ヤマガラが巣作りをし、ヒナたちが巣立っていったという

記事が掲載されていた。

 

貞夫さんも やっぱり おじーさんになっていて

栄ちゃんも 貞夫さんも、もちろん六兵衛も

みんなが おじーさんになっている事が

何となく 可笑しかったりしてしまうのは 何故だろう・・。

 

生命力か、執念か・・

『桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿』という「ことわざ」を

知らぬわけではなかったが、昨年の秋の台風襲来のとき

庭の桜木の太い幹までもが激しく揺れ 波打ち

いささかの恐怖を味わった。

だから「桜切る馬鹿!」と言われようが

出来るだけ桜の枝葉を小さく剪定しようと、老体にムチ打って

桜木に登り、必死で切り落としたのは

昨年の台風の後の秋頃であった。

 

その時 切り落とした桜の幹や枝の一部を

庭の畑の区切りの土留め用に設置していたのだが

な、なんと・・よく見ると

土留め用の桜木から、小さな緑色の新芽が出ている。

 

切り落として一年近くも過ぎているのに

芽を出す力が残っていようとは・・

なんという生命力か、執念か・・。

 

この頃 老人 老人と、ブログで口癖の六兵衛さんよ

見習うべきか?・・否か?

 

ウイルスの攻撃

もう そろそろ、我が家の庭の小さな畑で

秋野菜の種まきの心づもりをする時期になったと思い

iPadを用いて ネットで植える野菜の事や

土作りのための肥料などのことを調べていたら

突然 画面が切り替わり下の写真のような画面になった。

ム! 何奴!

時代小説なら そんな台詞を吐きたくなるような

突然の画面の出現だった。

その画面には 紙吹雪が舞い

『あなたはラッキービジターです』と書いてある。

すぐには何の事か わからなかったが

以前にも これに近い画面の記憶があったから

これは「ウイルス」の罠だと思った。

 

世間は 信用出来ない・・。

 

下手なクリックなどせず、とりあえず その画面を消すと

また下写真のような画面が現れた。

 

Appleからの「ウイルス削除」の警告の表示画面のようだが

しかし 待てよ・・もし この画面の「OK」をクリックすれば

「ウイルス」の奴のトドメの罠かもしれない・・と思って

この画面も何もせずに消した。

 

何が本当で何が嘘か 確かな事はわからないままだが

その後、我が「iPad」に悪い変化は起きていない。

世間は 信用出来ない・・。

 

少し落ち着いた 後になって、改めてウイルス画面を見てみると

『親愛なSafariユーザー様』との文言になっている。

先ほど六兵衛が iPadで農作業のあれこれを調べていたブラウザは

「Safari」ではなく「Firefox」だったんだけど・・。

 

世間は 信用出来ない・・。

 

水滴 岩をも穿つ

2012年製の「MacBook Pro」を2014年の初め頃に購入して

7年と半年が過ぎ、この頃 我が「MacBook Pro」の動きが

ますます鈍くなってきたように感じながらも

今日の更新日記は その話ではない。

 

2014年に この「MacBook Pro」を購入した時

六兵衛ごときには高価過ぎる「MacBook Pro」だから

水をこぼしたり、ホコリやゴミが溜まって壊さないように

との思いで、一緒に購入したのが「キーボード カバー」だった。

 

まるで六兵衛がごとき、くたびれた様子の「キーボードカバー」を

恥ずかしげもなく写真に写しての話になる。

 

六兵衛には 世間の多くの人様のように

素早くキーボードを叩くことなど 出来るわけもなく

左手と右手の それぞれ指1本、合計2本の指でのキーボード操作に

なるのだが、それでも長く使っていれば「キーボードカバー」も

薄汚れ、穴も空いてしまうことに・・なってしまった。

 

水滴 岩をも穿つ・・との「ことわざ」を用いるのは、この場合

少々 大袈裟 過ぎるが、日々を積み重ねる・・

ということは スゴイことだと「キーボードカバー」を見て

改めて思ったものだ。

 

・・なんちゃって!

 

秋ナスを待つ

庭の小さな畑で作っている3本のナスは 順調に育ち

これまで たくさんの収穫をくれたが

そろそろ「秋ナス」作りのための準備をする時期のようだ。

 

昼間の作業は 暑くて死ニソウだから

どちらかと云えば 日中よりは まだ涼しいだろうと

今日は早朝に起きて「秋ナス」作りの準備にかかった。

 

 

「更新剪定」と云うらしいが、勢いよく伸びている枝葉を

短く切って 身軽にしておく必要があるようだ。

 

「根切り」は、地中に伸びたナスの根に「秋ナス」用の

新しい根を出させるために、古い根を30cmほどの所から

スコップを地中に突き刺して切る作業のようだ。

 

根の周りに「追肥」を施して、9月から10月頃に実る

秋ナスを待つ・・心づもりなのだ。

 

ずぶの素人の六兵衛が、こんな「秋ナス」の作り方のような

まるで専門の農家の方のような生意気なことが言えるのも

結果はともかく、ネットで あれこれ調べられるからで

ホンマ ありがたいことに、わからない事は たちどころに

教えてくれる。

 

 

作業終了 6時30分

早朝の青空は 爽やか色をしている・・。

 

文庫本 考

この頃の文庫本、面白い本が少なくなった。

人それぞれに 好みの本は あるんやろうけど

身勝手な感想かもしれへんけど

六兵衛好みの本が、少なくなってきたと言いたい

 


きーポケが以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2012年の夏の頃に「さし絵」として掲載していた126作目のカット絵。

 

六兵衛が読む文庫本の場合、ネットの中古本屋から

月に一度か 2ヶ月に一度くらいに

10数冊をまとめて購入したりしている。

購入する中古文庫本は、購入前にネットの本屋で

作者やあらすじなどを調べ、面白そうだと思った文庫本を

選んで購入するようにしてるんやけど

そうやって購入した中古本でも、読み始めて感じる

ワクワク感や喜びを楽しめる文庫本の数が少なくなって

次ページをめくる興味も さほど わかないまま

ただ字面を読み進めているだけ・・という状況に

気付くことが 多くなったように思っている。

 

以前なら そんな時、せっかく購入したのだからと

気を入れ直して読み進めているうちに

それはそれなりに その小説の良さや面白さに気付いたりして

最後まで読み進めた事も 何度もあったけど

この頃は、そんな根気も なくなってしまった

 

面白くないと思ったら、即 読むのをやめてしまい

既読の棚(読み終わった本は 再度古本屋へ売りに行く)へ

積んでいる。

 

はてさて その原因は何故なんだろう考える・・。

娯楽が多様化する時代といわれる昨今

「出版不況」との声も聞こえてきて、そんなことなども

影響しているかもしれないと思い込みがちだが

単純な大衆娯楽小説しか読まない六兵衛といえども

やっぱり まず思いつくのは

六兵衛が「老い」を感じるようになったあたりから

読書に対して我儘になり、好む本の幅が狭くなった事が

面白い文庫本が少なくなったと感じる原因の

実は 第一ではなかろうか・・と、内心 思って いたりする。

 

暑い!熱い!

いつものように朝の9時頃に芥川堤道への散歩に出かける。

今日も 暑い、熱い!

だから 出来るだけ日陰を歩こうと思うのだが

堤道には日陰などない。

 

少し歩いては ペットボトルの水を飲み

縁(つば)の広い帽子の下にタオルを被り

汗を拭き拭き歩く。

 

昨日までは、暑いながらも歩こうと決めた場所まで

それなりに歩く事が出来ていたのだが

今日は往復で一万歩の距離になる塚脇橋までの予定で

歩き始めたが、途中で これ以上 先に進むのはやめた方が

いいような気がしたので Uターンをして帰ってきた。

 

 

熱中症のことは十分意識している。

先日も消防隊員の方までもが熱中症にかかったとの

報道を見た。

六兵衛など イチコロだろう・・。

途中で引き返した六兵衛には、まだまだ それなりの判断力は

残っている・・のである。

 

次からは早朝に歩くことに決めた。

 

弘法大師 空海と一緒?

テレビを観ていたら、誰かが弘法大師の生まれた日の話を

していた。

その話によると、弘法大師という偉い坊さんは

どうやら誕生日が六兵衛と同じ日のようなのである。

 

 

弘法大師が 六兵衛と同じ誕生日らしい事を知って

『ホンマかいな、もしかしたら オレ弘法大師の生まれ変わり

かも しれへんで・・』と冗談で言ったら

つれあいが オレに向かって手を合わせ拝む仕草をして

無言であっさり「冗談返し」されてしまった・・。

 

(注)

弘法大師 空海という人は、四国八十八か所霊場や高野山

などを開いたとされる真言宗の開祖の人。

弘法大師の誕生日とされる その日は、中国密教の大成者

「不空 三蔵」の入滅(にゅうじゃく:死の意味)の日で

弘法大師が「不空」の生まれ変わりとされる伝承によって

その日を弘法大師が生まれた日だとの説になったらしい。

弘法大師の正確な誕生の日は不明だという。

 

『東京見物』

何度も 何度も、同じような内容の日記ばかりで恐縮だが

今日も芥川堤道へ散歩に出かけ、やはり いつものように

iPhoneの音楽再生アプリから流れる昔の流行歌を

聴きながら歩く・・。

その中の『東京見物』という流行歌を聴いていると

ウルウルしてきて 歩きながら泣けてくるのだ。

 

 

頼りにしていた長男を戦争で亡くした母親を、戦後になって

東京見物に連れてきた弟の、母と兄への想いを歌う

1957年(昭和32年)キングレコードから発売された

三橋美智也さんの『東京見物』という流行歌である。

 

『 東京見物 』

https://www.youtube.com/watch?v=dVgiGKRJaUc

歌:三橋美智也 作詞:伊吹とおる 作曲:佐伯としお

1)

写真で見ただろ おっかさん

お濠りに 映った 二重橋

東京見物 させたいものと

いってた兄貴も 草葉の陰で

にっこり笑って 見てるだろ

2)

話に聞いたろ おっかさん

上野のお山の 大男

東京見物 西郷さんだ

お国のためだと 笑って死んだ

兄貴の横顔 思い出す

3)

拝んで行こうね おっかさん

靖国神社だ あの鳥居

東京見物 させるといった

やさしい兄貴が 戦友たちと

眠っているんだ 逢ってゆこ

 

・・・こうやって、改めて 歌詞を書いていると

またも目頭がウルウルしてくる六兵衛なのだが

当時、それが偶然なのか、それとも意識をしてか

そして どちらが先か後かも わからないが

息子(兄)を戦争で亡くした母親を、東京見物に連れてくる

『東京だヨ おっ母さん』という島倉千代子さんの歌も

同じ頃に ココムビアレコードから発売もされて

こちらも 大ヒットしている・・。

 

戦後 やっと10年が過ぎた頃の

日本中 まだまだ貧しく、しかし今 頑張れば

この先には きっと明るい幸せが来るだろうと夢をみてた

時代の、なつかしい なつかしい 流行歌たちである。