定年男性の新形態

Webニュースの「ダイヤモンド オンライン」に

面白いコラムが載っていた。

まるで きーポケの事を書いてるようで・・笑った。

家族問題評論家という肩書きの宮本まき子さんという

女性が『定年男性の新形態』とのタイトルで記事を

書かれている。

『定年男性の新形態、パソコン前で「お地蔵さん」現象は

なぜ起こる?』

「団塊世代」の男子の多くが70歳前後の年齢となり

仕事をリタイアした後の、家庭での暮らしぶりについて

書いている。

『彼らは 「熟年離婚」を迎える事になったり

「粗大ごみ」や「濡れ落ち葉」などと

かっての定年男性達が、妻や家族から嫌がられ軽蔑された

ようなヘタは決して打たない。

その代わり、パソコンの前での「お地蔵さん」現象という

「新形態」へと進化して、新たな顰蹙(ひんしゅく)を

買いつつある・・』・・と 記事は続いている。

 

まるで まるで、 きーポケの事を書かれているみたい。

「お地蔵さん」ほど可愛くは ないやろが、

言われてみれば パソコンの前で しばらく動かなかったり

読書コーナーに座って 長い時間 文庫本を読んでたりする事も

あるよなぁ・・。

つれあいに『たまには立って動きなさい!』などと

言われる事 あるもんなぁ・・。

 

文庫本『愛ある追跡』

藤田宜永さんの文庫本『愛ある追跡』(文春文庫)読んだ。

妻子ある勤務医が殺され、第一発見者で不倫相手でもあった

若い娘に容疑がかかったが『私、殺ってないよ』と言って

逃亡した。

娘は容疑者として警察に追われることになるが、娘の父親は

無実を信じて行方を探し始める・・そんなストーリーだ。

 

物語の内容は ともかく、これまでにも 色々な文庫本を

読んできて、それらの物語の中に きーポケが知っている

場所が登場することが何度かあって

その事を これまでにも当ブログに書いてきたが

今回も また、この『愛の追跡』の物語の中に

きーポケには強く親しみを感じる場所が登場している。

 

物語の作中 161ページ・・

『お嬢さんを捜しているとのこと 週刊誌で読みました。

お嬢さんは石川県白山市美川本吉町に節分の日まで

潜伏していたようです・・。』 差出人の分からない

そんな手紙をもらって父親は、早速 その町に出かけ

娘の痕跡を探して動き回るのだが・・。

 

この「石川県白山市美川本吉町」とは実在する住所で

なにより きーポケが、20歳くらいの若い頃に

東京で青春を共に過ごした 懐かしい友人の三郎さんが

現在も暮らしている町の、道路を隔てた すぐ隣なのだ。

 

呼ばれたわけでもないのに、三郎さんの結婚式に出席して

その町を訪れているはずなのだが

もう40年以上も前の遠い昔のことだから

その町のことは まったく記憶にはないが・・。

 

三郎さんと最後に会ったのは

東京で新婚生活を送っていた三郎さんが暮らす団地に

訪ねて行って、一晩泊めてもらった時だった。

それ以来 会っていない・・。

なつかしいなぁ・・。

互いが元気な内に せめてもう一度 会いたいものだと

いつも思っているんだけど・・ネェ 三郎さん。

 

並んでいる

中古本のネット通販サイトの「BOOK OFF」に15冊

同じく「駿河屋」に16冊を注文し、それが届いた。

これまでに購入していて まだ未読の文庫本とを合わせて

40数冊が、我が読書コーナーのソファー横の棚の上に

並んでいる。

 

 

時代小説やサスペンス小説ばかりが並んでいる。

特に 辻堂魁さんの『風の市兵衛 弐』の第2巻と第3巻が

半額以下に値下がりして やっと手に入ったのが嬉しい。

だからといって、すぐには 読まない。

市兵衛さんに 会いたくなれば「いつでも会える・・」

との余裕が、他の文庫本を読んでいても楽しさが増すと

いうものである。

きーポケは 好きな食べ物は後に残しておく性分だから・・。

 

それにしても、これだけ未読の文庫本が目の前に並んでいれば

これから先 3ヶ月から4ヶ月は 心置きなく読める・・

と思えて 安心する。

 

 

浮かんで・・来ない

底をついた・・。

もう 何も浮かんで来ない・・。

 

正月の3が日は別にして、4日からは出来る限り

せめて一日置きくらいには 我がブログの更新をしてみよう

・・と、あれやこれやと更新する記事を ひねり出してきたが

2月に入ったばかりだというのに

もう今は 底をついてしまって 何も残っていない・・。


きーポケが以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの

2012年の冬の頃に「さし絵」として掲載していた95作目のカット絵。

 

そりゃー そうだ・・

なにしろ 隠居暮らしの きーポケの毎日に

ブログの記事を頻繁に更新するほどの出来事など

そうそう あるはずは ないのだから・・。

 

いつもの台詞で云えば、きーポケの日々なんて

散歩をして、昼寝もして、パソコンで遊んで

それに飽きたら文庫本を読んで・・。

そんな事々を だらだらと繰り返して

きーポケの1日は暮れて行くのだから・・。

 

ブログを作る以上、記事の更新は出来るだけ多くしたい

・・と思うわけで、だから きーポケは 内容などは二の次で

更新する事が第一だと、そんな姑息な思いに捉われて

無理やり記事をひねり出そうとするものだから

ついつい 独りよがりで軽薄な記事ばかりになってしまうのだ。

 

そして 今、独りよがりで軽薄な記事でさえも底をついて

何も思いつかなくなってしまった。

 

 

それにしても・・と

散歩に出かけた「上の池公園」のベンチに座って

青い空の下、持参したポットの白湯を飲みながら

きーポケブログは いつも弁解ばかりやなぁー・・

と 思ったりする。

 

小さな女の子

外国各地の街を カメラで撮影して回る番組が この頃 多い。

 

今朝 朝食をとりながら そんなテレビ番組を見ていたら

アメリカの首都・ワシントンDCのホワイトハウス前で

日本の放送局が撮影をした映像が流れていた。

 

 

ミズリー州からホワイトハウスを見学に来ているという

3人の親子連れにインタビューをしていた。

 

『あなたは大きくなったら、このホワイトハウスで

働きたいですか?』・・と

小学3、4年生くらいの女の子に質問をしたら・・

 

ホワイトハウスを指差して・・

『彼らが、私のために働いてくれるわ』・・と答えた。

 

その小さな女の子の答えを聞いて、ある意味 アメリカは

「すごいなぁー」と 思った。

何のためらいもなく、当たり前のように

小さな女の子が  そう答える・・。

少なくとも きーポケには、思いも付かない答えだった。

ちょっと考えれば きーポケにも

それが当たり前の事なのだとは思うのだが・・。

 

国民が選んだ政治家だから、国民の為に働くのが当然・・

との考えが、小さな子供たちにも浸透しているアメリカ。

その一方で、多くの矛盾を含んだ身勝手さを内外に振りまく

大国アメリカだが、根本にあるアメリカ民主主義は

小さな小学生の女の子にも確実に浸透しているようだ。

 

4件の回答をいただいた・・。

先月 1月22日の更新記事『古い話で恐縮です』のように

昭和30年あたりの きーポケがまだ子供だった頃に読んだ

古い漫画の事で「Q&Aサイト」に質問をしてから

1週間が過ぎた。

古い話で恐縮です

 

「Q&Aサイト」への質問は 今回で3回目なのだが

その3回とも すべて同じ内容の質問である。

1回目の質問は10年ほど前

2回目は それから数年後に 再度 質問をしたが

2回とも「その漫画」について ご存知の方からの回答は

なかった。

わずかに一人の方から、「その漫画」を見た記憶はあるが

詳しい記憶はない・・との回答を頂いたのみであった。

そして今回 再々度になるが、改めて同じ内容の質問をした。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2011年の冬の頃に「さし絵」として掲載した42作目のカット絵。

 

情報が欲しい「その漫画」を、リアルタイムで読まれて

いると思われる方々は 現在70歳以上の年齢になっている筈で

しかも 当時から すでに60年ほどが過ぎているわけで

仮に「その漫画」を見た記憶はあるにしても

作者とかタイトルなど細かな内容まで覚えておられる方・・

となると、そうそう いないだろうと想像されるのだ。

 

質問をしてから 1週間を経て

今回は 4人の方から回答をいただいた。

 

今回  回答をくださった その内の二人の方は

きーポケが求める「その漫画」に

『似ているような漫画はあった・・』との回答を頂いたが

指摘されたマンガ等は、残念ながら きーポケが求める

「その漫画」よりも後の年代のマンガのようであった。

 

一人の方からは、回答ではありませんが・・との前置きで

きーポケの質問に矛盾があるとの指摘をいただいた。

『今から50年前に読んだとすれば、それは昭和40年代

の事になり、昭和30年前後に読んだとすれば

それは約60〜65年前の事になります。

どちらの説明が正しいのでしょう・・。

年代を正確にした方が 良い回答が得られやすいでしょう』

との ご指摘を頂いた。

そう言われれば まさにその通りで

きーポケの年代の間違いの質問文を指摘してくださった。

1回目の質問が 今から10年ほど前のことで

その1回目に使った質問の文言を、深く考えもせず

2回目も、今回の3回目も使ってしまったから

お粗末な間違いをしてしまったのだ。

 

最後の あと一人の方は、2回にわたって回答をくださって

『多分 そのようなマンガがあったように思う・・』と

言われながらも、詳しい記憶は残っていないとのことだった。

そして その方 自らが、わざわざ調べてくれたようなのだが

残念ながら「その漫画」の記録等は見つけられなかった

教えてくれた。

 

 

 

きーポケが 40歳になる頃に、フト「その漫画」が蘇り

しかし ボヤけたままの記憶しか思い出せず

気にはなったが 当時は調べる方法も知らず

50歳の中頃になって 初めてパソコンに触れ

頼りなくもネットを使い あれこれと調べ

こうして「Q&Aサイト」で人様の記憶に頼りもしたが

結局 解らないまま 終わりそうである・・。

 

40歳を過ぎた頃に思い出した頼りない記憶は

70歳を過ぎて ますます頼りなくボヤけてくる。

年齢を重ねるごとに 徐々に薄れていく「その漫画」は

子供の頃の遠い昔の ノスタルジー・・かもしれない。

 

関西弁にも いろいろ あるやろけど・・

大阪に暮らし始めて45、6年になる。

 

記事の内容は グタグタなのに、文章だけは どうにも硬くなりがちな

きーポケブログだから、たまには柔らかそうな関西弁で

ブログ記事をかいてみようかと、ちょっと試みた事も あるんやけど

やっぱり どうにも うまくない・・。

きーポケの使う関西弁のつもりの言葉を文字にしようとすると

根が関西人やない所為か、もう 訳が分からなくなって来たりする。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2011年の冬の頃に「さし絵」として掲載した40作目のカット絵。

 

幡多弁(高知県西部地方)暮らしが約18年

土佐弁(高知県中部地方)の中で3年暮らし

東京弁の真似事をしながら約5年を過ごし

現在の関西弁での暮らしが 特に長い訳やから

当然 もう、完璧な関西弁を喋れていて当たり前の筈やのに

どうにも いまだに まともな関西弁が喋られへん。

 

ほんまもんの関西人が きーポケの話す言葉を聞かはったら

『おちょくってんのか われ!!』と怒られてしまうやろなぁ。

 

あれ?・・京都弁 混ざってる? 河内弁・・?

 

文 庫 本

Amazonなんかの 本の通販サイトで新作などを探していて

この頃 思うんやけど、きーポケが読みたいと思うような

文庫本の出版数が なんか少なくなってきているように

思える。

少し前までは「文庫 書き下ろし」(特に時代小説)の新刊が

盛んに出版されていたはずなのに・・。

 

そのかわり・・というか、この頃では

きーポケが好む文庫本などに代わって、アニメ調のイラストや

可愛い少女の絵などを表紙や挿絵に起用して

ゲームやアニメの延長線上の物語とも思える若い人向けの

ライトノベル本が賑わいを見せている。

 

 

きーポケはライトノベル本に興味はないから 読もうとは

思わない。

しかし 世の中は自分の思うようには動くとは限らず

ライトノベル本が多く売れるとなれば

出版社は数多く出版するし、きーポケ好みの文庫本が

売れなくなれば、その 出版数は減る・・。

それが出版社の当然の理であろうから 文句は言えない。

 

きーポケ好みの文庫本は、一時期に比べれば

売れなくなった・・のだろう。

そして 結果、新刊本の出版も少なくなって

それが中古本として再度 売り出されるはずの数ヶ月後には

当然 中古本の数も少なくなるということになる。

そして もう一つの原因は

歳を重ねるにつれ 気ままになってくる きーポケの

文庫本の好みも やはり狭くなって、だから ますま

きーポケの好む文庫本の数が少なくなるのは

自然の摂理・・ということか。

 

仕草の不思議

講談社文庫・書き下ろしの荒崎一海さんの最新シリーズ

『九頭龍覚山 浮世綴 門前仲町・第1巻』を読んだ。

荒崎さんの代表作ともいえる時代小説「闇を斬る」シリーズや

「宗元寺隼人密命帖」シリーズなどは、どちらかと云えば

剣が強く、ストイックとも言えるほどに 己に厳しく

武骨で二枚目の主人公を、やや硬めの文体で表現されて

いたが、今回の『九頭龍覚山 浮世綴』は

少々 趣が異なっていて面白かった。

 

 

深川永代寺門前仲町に、兵法学者の九頭竜覚山と

元 辰巳芸者の”よね”とが世帯をもって暮らし始めた。

新婚 暮らしの、男から見た女の仕草の不思議さを

ほのぼのと楽しく、この作者の これまでの作品と比べて

かなり砕けた文体で表現している。

そして 殺陣あり、捕り物ありの江戸人情物語でもある。

 

 

内心 同意してしまいそうになる・・

男から見た女の仕草の不思議さの一部を取り上げてみた。

 

その壱・・

『女は、つくづく、しみじみ、やっかいな生き物である。

嬉しければ 笑えばよい。

なにも 涙をながすことはあるまい・・。』

 

その弐・・

『女と世帯を持つのは、

極楽至極と隠忍艱苦(インニンカンク)である。

奇怪至極な生き物と暮らす。

喜悦と懊悩(オウノウ)とに理不尽不可解まで加わった

荒波にもまれる笹舟に乗っているようなものだ。

しかし 思うに、書物では けっして得られぬ学問であろう。』

 

その参・・

『森羅万象には理(コトワリ)がある。

そのはずだ。

これまで紐といた書物に、女の奇っ怪さを解き明かしたものは

なかった。

ならば、躓(ツマズ)かぬよう 用心しながら

学んでいくしかない・・。』

 

その四・・

『正面が越後屋(江戸日本橋の呉服屋)だ。

柄を選んで採寸するだけだ。

すぐに済む、と覚山は考えていた。

ところが、決まらない。

手代が つぎつぎに持ってこさせる。

そのたびに、”よね”が悩む。

どっちでも よいではないかと内心で思ったが

そんなことを口にしたら 千尋の谷に突き落とされるよりも

怖い目にあいそうなので、噯(オクビ)にも出さず

”よね”に相槌を打ちつづける。』

 

 

も、もちろんの事、逆に女にも

男の単純な馬鹿さかげんの不思議さを 鼻で笑うこと

などもあるのだろうと、きーポケは思うのだが・・。

 

古い漫画で恐縮です

『とても古い話で恐縮です。

今から50年ほど昔の 昭和30年前後に読んだ漫画に

ついての質問です。

(略)

その漫画は、例えば紙に「自動車」の絵を描くと

描いたその「自動車」が紙から飛び出して

人を乗せたりして道路を走る。

「机」を描けば その「机」が 紙から飛び出して

その「机」で仕事も出来るし、抽斗も開けられる。

・・というような内容の漫画でした。

全体のストーリー、作者の名前、掲載していた雑誌名など

ほとんどの事を忘れてしまっています。

そんな昔の漫画に ご記憶のある方、ぜひ教えてください。』

 

先日、Q&Aサイトの『QKWAVE』に、上記のような内容の

質問を投稿した。

実を言うと、これまでに同じ内容の質問をQ&Aサイトに

投稿するのは これで3回目となる。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2011年の冬の頃に「さし絵」として掲載した43作目のカット絵。

 

1回目は だいぶ以前のことになる。

『Yahoo知恵袋』への質問だったが、残念ながら

一人の回答もなかった。

さほど話題にもならなかった昔の古い漫画の事だから

誰の記憶にも残っていないのだろうと 一度は諦めた。

しかし 数年後の2015年、気を取り直し

質問先を『OKWAVE』に変えて、再度 挑戦してみた。

 

数日後に・・

『確かに そんな漫画を読んだ記憶はあるが

作者や題名など ほとんど思えていない・・』という

きーポケと同じ程度の記憶の方からの回答が1件

返って来たのみだった。

 

 

きーポケが40歳くらいの ある日、フッと 遠い昔に読んだ

「その漫画」の事を思い出したのだ。

当時 暮らしていた団地の、玄関横にある物置の扉を開けて

何かを探していた時のことだったと記憶している。

 

「その漫画」を読んだ まだ少年だった当時から

すでに30年も過ぎ 中年と云われる年齢になって

突然「その漫画」の事を思い出した。

作者もタイトルも忘れてしまう程度の、当時には さほど

強い印象もなかったはずの「その漫画」の記憶を

少しでも蘇らせたいとの願いを込める・・。

 

残念ながら、覚束ないままのパソコンを操作し

思い付く限りを 様々に調べてみたものの

結局 自分では、「その漫画」の欠片さえ見つけることが

出来なかった。

 

 

そんな過程を経て 今回、しつこいようだが 再々度となる

同じ内容の質問を、Q&Aサイト『OKWAVE』に投稿した。

 

三度目の正直・・・回答よ 来い!!