後期高齢者の「認知機能検査」

70歳以上の運転免許の更新では、更新手続きをする前に

簡単な実車を含めた「高齢者講習」を受けなければならない。

六兵衛の場合、2年ほど前の74歳の誕生日の更新時に、その

高齢者講習を受け、5年ぶりの運転免許の更新を済ませている。

但し、高齢者になると 誰でも3年毎の更新になるようで

次の六兵衛の更新は、来年の77歳の誕生日の更新という

ことになる。

 

そして、75歳を過ぎてからの運転免許の更新は

免許期間が満了するまでの6ヵ月以内に「認知機能検査」という

運転に必要な記憶力や判断力等に関する検査を行い

『あんたはボケていない』との お墨付きを貰ったうえで

「高齢者講習」をも受け、それらに合格して始めて 免許更新の

手続きが出来るのだという。

そんな状況のなか、特に記憶力の衰えを感じ始めている

六兵衛ゆえに、いきなり試験場で16個の「絵」を出題されても

2~3分で覚える自信などないから、今年の年末か来年早々には

必ず受けなければならない「後期高齢者運転技能検査」のため

「認知機能検査」に出題されると予定されている64個の「絵」の

全てを記憶する練習を、すでに始めている六兵衛である。

 

六兵衛より年下の つれあいの方が、更新年月の関係で

昨年の夏ごろに「後期高齢者運転技能検査」を受け

記憶力が必要とされる「認知機能検査」も無事に終了し

後期高齢者としての免許の更新を済ませているのだ。

だから「後期高齢者運転技能検査」を経験済みの つれあいは

まだ未経験の六兵衛の先輩となるのだ。

そんな つれあいの経験を参考に、「You Tube」に掲載されている

「後期高齢者運転技能検査」における「認知機能検査」のための

練習用動画を調べた。

 

問題の内容は、「1つのパターン」内に16枚の絵があり

それぞれ「4つのパターン」がある。

問題に出るのは その内の1つのパターンの16枚の絵なの

だが、問題にはどのパターンが出されるか分からないので

4つのパターンの合わせて64枚の絵を覚えておく必要が

あるのだ。

 

つれあいは そんな練習をして検査を受けて免許更新をした

のだから先輩として尊敬し、そんな先輩の意見を尊重し

今 毎日のように「4つのパターン」の64枚の絵を覚えるのに

必死の六兵衛である。

 

桜木の伐採作業

我が家の庭の桜の木、今年も春には順調に花を咲かせていたが・・

 

4月に入り花びらが散りだしても、一向に葉の茂る気配はなく

5月半ばになって、頼りなさそうな葉が 申し訳なさそうに

出始めたが、ひと月もしないうちに葉の勢いがなくなり

いつの間にか その葉も散り始め、夏の頃には 一枚の葉もない

殺風景な桜木になってしまった。

 

昨年あたりから 桜木の幹などに、得体のしれないキノコが生え始め

嫌な予感は していたのだ。

 

枯れた木に キノコが生えているのを よく見ることがある・・。

だから しばらく、桜木の様子を見ようと秋まで待ったが

どうやら桜木は、枯れてしまったと思われる・・。

 

枯れたまま ほったらかしにしておく事も出来ず、そして

「ひこばえ」とか「萌芽(ほうが)」とかの言葉もあるように

切り取った残りの木株から、新しい若い芽が出てくる可能性も

あるわけで、思い切って桜木を伐採することにした。

何しろ 素人の年寄のすることだから、慎重の上にも慎重に

桜木に登り足場を固めて、ノコギリで少しずつ 少しずつ

幹や枝を切っていく。

 

つれあいも、切り取った幹や枝などの始末を手伝ってくれて

作業は順調に進んで行った。

ところが、残りの幹が1/3ほどになった頃

切り取っていた枝が想像とは違う方向に倒れ掛かり

六兵衛の右手の小指を、木と木の間に挟んでしまった。

 

小指の先の皮が少し剥げ、挟まれた小指がジンジンと痛む。

挟まれた部分は時間が経つに連れ腫れてきたが

痛みは不思議と薄れてきていた・・。

しかし とりあえず、その日の作業は そこで一旦終わりに

することにした。

 

 

次の日となる今日、幸いにも小指の怪我も大したこともなく

残りの伐採作業に取り掛かる。

 

高い部分は全部切り取ったが、まだ切り取りたい太い幹が

まるで足を広げて逆立ちをしているような形で残っている。

伐採予定は、 精々が地面から1mほどだけを残すつもりなのだ。

 

・・・言い訳になるが

足場の悪い木の上に登って、小さな「ノコギリ」1本で

六兵衛ジーさんの作業だから、休み休みの作業とはいえ

これがなかなかに しんどい。

だから つれあいと話し合い、最初の予定を変更し

伐採の作業はここまでと することにした・・。

 

 

ご苦労さん!

 

2通のメール

今日 思いもしていなかったメールが、2通 来た。

正確には昨日のうちに来ていたようだが、メールを開けたのは

今日だったのだ。

その1通は、先日サンタクララに暮らしている次女から

プレゼントしてもらったスマートウォッチ「Versa」の

メーカー「Fitbit」からのメールで『バッテリーの残量が

低いです』との内容だった。

そんな心配をしてくれるなんてありがたいなぁ・・と

喜んでばかりもいられない。

六兵衛の歩行数や心拍数、睡眠時間などがバッテリーの残量

などと一緒にツウツウという事か・・。

それでも まぁ 今どきのご時世、ましてや六兵衛ごときの

その程度の情報に、大した意味もないのだから

バッテリー残量の情報の方が 有り難いと云うべきだろう・・。

 

 

もう1通のメールは、これも先日「Amazon」で購入した

「ルームランナー」の件だった。

当ブログにも書いたが「ルームランナー」に同封されていた

「油」が漏れて、説明書などが油まみれになっていたから

初めての経験だったがAmazonの「レビュー」に その事を

報告したのだ。

メールは その「レビュー」に対するAmazonからの礼状の

ようである。

直接 Amazonには関係ないとしても、油入れに不備があり

その不満を云ったつもりだったから、そんなメールがきて

何とも「こそばゆい」ような、面映いような気持ちになった。

 

macOSの新バージョン

今日は朝から雨、早朝散歩に行けない・・。

ハッハ ハハ・・なんの なんの。

たとえ 雨が降っても 槍が降っても、我が家には

「ルームランナー」という『強い味方が有ったのだ~ぁ!』

こんな時のために、「ルームランナー」を買ったんだから ネ。

インスタントコーヒーと、我が家の畑で出来た「さつま芋」で

つれあいが作ってくれたスイートポテト半分と

きな粉とナッツのクッキーの一個を食べる軽い朝食の後は

「ルームランナー」で歩く。

 

 

昨日、我が愛しのパソコン「MacBook Air」を開くと

またまた Dockの歯車マーク(システム環境設定)の右上に

が表示されていた。

だから「歯車マーク」をクリックしてみた。

macOSの新バージョン「macOS Ventura 13.0」がリリース

されたとのことで、アップグレードを勧めるだった。

 

そういえば、macOSが新バージョンをリリースするのは

毎年 秋の今頃だった事を思いだした・・。

昨年は「macOS Monterey」という新しいバージョンだったし

一昨年の新バージョンは「macOS Big Sur」だった。

毎年 毎年、新バージョンとは ご苦労なことだが

それがApple社の商売のやり方なら、ちょっとでも新しさを

売り出そうとするのも分からぬ訳ではないが・・。

 

2021年11月2日の当ブログ

     《新バージョン 「macOS Monterey」

 

今年もやはり、しばらくの間はDockの「歯車の」には目を

つぶり、新バージョン「macOS Ventura 13.0」の不具合が

ある程度解消されたと思える頃まで、アップグレードするのを

待つことにする・・。

たまにしか使うこともない「プリンター」だが、何しろ古い

タイプなので、新バージョンで使えるかどうかも心配でもある。

 

だからそれまで  が目に入るだろうが、辛抱 しんぼう・・。

 

開封

SNS上には様々な「開封動画」というヤツが存在する。

何故「開封動画」を公開するのか・・と考えてみるに

注文していた「品物」が配達されて来て

開ける時のわくわく感を誰かと共有したい・・との思いも

あるのだろうし、また 少々の自慢も したいのかもしれない。

どちらにしても六兵衛には、ブログに「開封動画」を掲載する

技能などはないが、「開封写真」くらいなら出来る・・。

今日、サンタクララに暮らす次女とつれあいのアッくんが

プレゼントしてくれた「スマートウォッチ」が我が家に届いた。

そして、「スマートウォッチ」のプレゼントに つられて欲しく

なってAmazonに注文していた「ルームランナー」も

同じように今日 届いた。

まず、次女たちからのプレゼントの「スマートウォッチ」を

開封する。

Amazonの規定の寸法なのだろう、「スマートウォッチ」を

入れるにしては やや大きめの箱の中に、緩衝材として入れら

れた紙に隠れるように「スマートウォッチ」の箱と

「交換用のバンド」が入っている。

 

「Fitbit Versa」の箱には、「ウォッチ」と「USBケーブル」

そして 少し長めの予備の「バンド」。

 

「Fitbit Versa」のアプリをダウンロードし、側面のボタンを押して

電源を入れ、アカウント設定などを指示に従いながら

とりあえず最低限の設定は出来た・・つもり。

これで 明日からのウォーキングに励みになるだろう。

 

 

次は「ルームランナー」の開封だ。

まず 置き場所を色々考えたが、歩きながら外を眺められるから

昔 娘たちが使っていた部屋に、とりあえず置くことにした。

とても一人では階段を上がれないほどの重さのダンボール箱を

つれあいと二人、気合を合わせて一段ずつ運ぶ。

やや圧倒されて、写真を写すことも忘れるくらい大きく分厚い

ダンボールを開けて「ルームランナー」を取り出す。

 

特別 組み立てる必要はないようだが、「説明書」や「油」

「ドライバー」などが入っていたビニール袋の中が

油にぬれてベタベタになっていた。

どうやら「油入れ」のフタの締りが、ゆるかったようだ。

 

それでも「ルームランナー」は動くので、電源を入れて

とりあえず乗って歩いてみた。

歩きだすと ふらついて へっぴり腰になる。

慣れないせいだろうと思うことにして、明日から頑張る。

 

娘のプレゼント

30年近く前になるが、留学のために ひとりアメリカに渡り

寮生活を始めた次女の日々が、親としては心配でも

その連絡方法は殆どが手紙だった。

どうしても直接 次女と話しをする必要があったときなどには

つれあいが根性を出し、国際電話を掛けて、取り次いでくれた

相手に、片言の英語で次女を呼び出してもらうように頼み込む

しか方法はなかった。


バレーボールが好きな次女の、以前に遊びで作った「gifアニメ」が
パソコンの隅っこに残っているので、懐かしシリーズで掲載する。

 

のちには メールのやり取りが出来るようにもなったが

それが今では「LINE」というアプリケーションを利用して

遠いアメリカであろうと無料で会話ができるという

当時から比べると夢のような今の状況である。

 

そんな夢の会話ができる「LINE」を使って、先日 つれあいと

サンタクララに暮らす次女との会話の中で、次女はつれあいの

アッくんにApple Watch(アップル ウォッチ)をプレゼントを

してもらったと、嬉しそうに話をしていた。

 

そんな二人の会話を横で聞いていた六兵衛が

日頃の散歩での歩数の記録するために使っていた3千円ほどの

安物の「スマートウォッチ」のベルトが切れて使えなくなった

事を次女に話すと、「Apple Watch」を『プレゼントする』と

いってくれた。

ところが、調べてみると次女が暮らすアメリカのカードでは

日本のAppleのウエブサイトでの買い物が出来ないとのこと。

結局、「Apple Watch」は あきらめることにして

「Fitbit Versa 」という「スマートウォッチ」 を買ってもらう

ことにした。

それが今週の土曜日には 贈られてくるという。

 

 

先日の つれあいと次女との会話の時、どうやら次女は

「ルームランナー」で歩きながらの会話だったという。

その印象が残っていたのか その日の夜、寝ながら六兵衛は

ひらめいた。

我が家に「ルームランナー」を置けば、雨の日にはもちろん

食事の後や、ちょっとした時間を選び気軽に歩けるので

つれあいとも相談をし、『よし!置こう!』と決まり

早速 注文をした。

 

 

「スマートウォッチ」と 「ルームランナー」

どちらも今週の土曜日には、二つ揃って届く予定だ。

さあ! 健康への設備は整ったゾ!

六兵衛 しっかりせえよ!!

水槽の掃除

「小エビ」の水槽の水は綺麗なままなのだが

何故か「メダカ」の水槽の水が濁ってきた・・。

何となく水草の「ホテイ草」も、薄汚れて元気がない。

 

にごる原因は「ホテイ草」との相性の悪さか

それとも別に原因が・・。

とにかく「メダカ」の水槽の水を換えることにした。

けっこう汚れている・・。

稚魚が居るはずだから、汚い水を少しずつすくって

確かめながら汚れた水を廃棄する・・。」

 

ゴミに混ざって幼魚が居るから、慎重に 慎重に・・。

 

そんなこんなで、午前中 いっぱい掛かって きれいな水になった。

「ホテイ草」が気になるので、とりあえず水槽から出して

バケツに入れておき、「小エビ」の水槽に浮かべていた

元々「メダカ」の水槽にあった水草を少し分けて

「メダカ」の水槽に戻した。

 

「メダカ」も「小エビ」も、さぁ 来る冬を乗り切ろう!

 

キウイ棚

裏の畑の池の側に、オスとメスの「キウイ」を植えている。

以前から つれあいに、少し離れているオスとメスの「キウイ棚」を

パイプで繋ぎ足してほしいと頼まれていたので

今日 その作業を行った。

ホームセンターで買ってきていた、長さ1800mmの

農業用支え棒 4本を縦桟にして、太めの針金を横桟にして

縛る方法で、二つの「キウイ棚」を繋いだ。

 

何しろ最初に、二つの「棚」を取り付けたときは

二つの「棚」を繋げる発想はなかったので

「棚」自体の大きさや、立てた場所も微妙に違っていて

そんな二つを繋げると、多少の歪感はあったのだが

まぁ、良し・・とした。

 

何年か先に実るであろう可愛い「キウイ」が、楽しみである・・。

 

表と裏の畑・秋冬編

ここ一週間ほど、「堆肥」や「肥料」を混ぜて少し寝かせて置いた

裏と表の畑に、秋冬野菜の「タネ」や「苗」を植える作業に

つれあいと二人で かかっていた。

毎日 午前中だけの短い時間だが、我々二人には 体力的にそれが

精一杯の作業工程である。

 

裏の畑に すでにまいていた「大根」のタネは、もう芽が出ていて

元気な双葉に育っている。

ベランダでタネから育てた「白菜」を 1番畝に定植した。

2番畝には、ホームセンターで買ってきた「ニンニク」のタネを

植えた。

 

3番畝には「玉ねぎ」の苗を定植するつもりだが、まだ苗が小さく

定植は もう少し先のようだ。

「えんどう豆」は「連作」を嫌うらしいが、4番畝と5番畝には

昨年と同じく「えんどう豆」を植える予定で、今は遊ばせている。

今年春の「エンドウ豆」の収穫後の夏場には「サツマイモ」を

育てたし、「土」自体も他の畝と混ざったりしているから

連作でも大丈夫だろうと楽観している・・。

 

つれあいの考えで、「表」の畑の造作を変えることにした。

そして・・。

寒くなる これからの野菜作りのための簡易温室用にと

またまたコンクリートブロック20枚をホームセンターで購入して

二人で運び、畝を4つに分け、それぞれの畝を囲み

簡易温室が置きやすいように作り直し、「かぶ」「ほうれん草」

「春菊」「サニーレタス」「パセリ」「三つ葉」それに「小松菜」

小さな畑にいろいろとタネをまいた。

 

みんな元気に育ってほしい・・美味しくいただきますから・・。

 

男っぽい

サンタクララに暮らす次女の つれあいのアッくんの雰囲気が

ちょっと変わった。

今朝、次女の「Instagram」での犬たちの散歩の動画を見て

気が付いた。

 

 

あまり いい例えではないかもしれないが、髪を短く刈り上げ

海兵隊の兵士のような、勇ましい男の雰囲気がある。

 

アッくんからすれば、『オヤジ、ほっといてくれ!』と

怒られるかもしれない。

もちろん 優しくて真面目で、地道に努力を積み重ねている

そんなアッくんの内面が変わったとは思わない。

ただ 見た目が、男っぽい・・のだ。