「老いる・・」

先日、いろいろな趣味を持つ老人達が、嬉々として日々を

過ごしている様子を映したテレビ番組を観た。

 

六兵衛に趣味はあるかと 自らに問えば

特に思いつく趣味はない。

第一 六兵衛は、趣味に限らず 何か一つの事を深く掘り下げて

考えたり行動したりする事が、もともと出来ない質である。

仕事をしていた現役の頃でも、仕事一筋とか 仕事が趣味でとか

そんな事を とても言えるような仕事人間ではなかった・・。

 

遠い昔の六兵衛が中学生の頃、漫画を読んだり描いたりする

事が大好きだった。

漫画好きの仲間たちと、それぞれが描きあげた漫画を集めて

雑誌を作ったりもした。

 

後になって考えれば、子供が作った下手くそな漫画を集めた

雑な作りの製本だったが、少しでもプロの漫画家や出版社の

気分を味わいたくて、そんな真似事をしたのだろう。

勉強などせず、漫画ばかりの楽しい毎日だったが

中学校を卒業すると、仲間たちとは それぞれ別々になり

環境が変わると、あれほど強かった漫画への想いも

少しずつ薄れていき、結局それは その程度のものだった

のだろう。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の初夏の頃に「さし絵」として掲載していた55作目のカット絵。

 

70歳を過ぎて、仕事をリタイヤしたあとの六兵衛が

日々の暮らしを 如何に過ごしているかといえば

当ブログにも現れているように・・

それは 芥川沿いの堤道や上の池公園あたりを散歩したり

ネットで購入した肩の凝らない中古文庫本を読んだり

パソコンで遊んだり、小さな庭での ささやかな野菜作りを

したりなど、健康の事も少しは考えているくらいには

身体を動かしているのだが、とても趣味などと云えるような

事々ではなく、ごくごく たわいのない日々を過ごしている。

 

テレビ番組で見た老人達のように、老後を生きるための

強い支えとなる趣味などを、今更 六兵衛が持つ事などないと

思うが、それでも そんな日々の暮らしを特別 退屈に思う事も

ないが、それでも仮に 散歩や文庫本、野菜作りやパソコン操作

などに飽いたなぁと思ったとしても 六兵衛には・・

「昼寝」をするという ” 奥の手 ” が あるのだ。

 

・・どうだ! どうだ!

 参ったか!!

 

夏野菜

5月に植えた 実のなる野菜「キューリ」「茄子」「トマト」

「ミニトマト」それに「ゴーヤ」が、順調に育っている。

 

見せたろか・・。

「大玉トマト」には 小さな実がついてきて・・。

 

六兵衛の写真の写し方が下手やから、よう分からへんやろけどナ。

それぞれに かわいい花が咲いていて・・

 

「茄子」に・・

 

「キューリ」に・・

よう見えへんやろけど細い7~8cmくらいの実が付いてる。

 

「ミニトマト」にも 小さな小さな実が・・。

 

「ゴーヤ」も 黄色い花を咲かせ始めた。

 

毎日の水やりは、3本の「タンク」に貯めた雨水を撒くのだが

この頃 雨が少ないせいで、残りの水も わずかになった。

もうすぐ梅雨がくる・・ほどほどに期待している。

 

田植えの季節が・・

そろそろ梅雨に入るだろう6月の、今日は割と湿気も少なく

それでも直射日光の強い青空の下、「上の池公園」あたりへ

散歩に出かけた。

 

前回の日記で、芥川の水量が少なくなって藻(アオコ)が

繁殖している事を当ブログに書いたが

散歩の途中の農業用溜池「中の池」の水量も

少なくなっている。

水上に現れた池のコンクリートブロック壁が

藻(アオコ)で緑ミドリしている。

 

6月に入った頃から、この辺りでは田植えが始まった。

今日は日曜日ということもあって、奈佐原の田んぼでも

休日の若い人の力を借りて、田植えの最中である。

あちらこちらで田に水を引く必要のあるこの時期

「芥川」も「中の池」も水量が少なくなって当然なのだろう。

 

今すぐ 辞任しなはれ!

このところ 雨が少ないからか、芥川の水量が少ない。

だからだろう 藻(アオコ?)が、わずかに残った水面に

繁殖している。

 

「芥川」は大阪府高槻市と京都府亀岡市との境をなす

「明神ヶ岳」に源を発し、名勝・摂津峡を形作り

旧西国街道と交わりながら、わずか25kmの流れの旅は

高槻市内の淀川に流れ込み終わる 一級河川である。

 

昨日 「アベノマスク」が届いた。

今頃 送って来たかて、何の役に立つっちゅうねん!

税金の無駄遣いやないか!

どうせ どこかで誰かが、旨い汁を吸う為のマスク配布を考え

利用したんと違うんかい!

ヘン!

世間では すでに、マスクは出回っているし

我が家では 4月の頃から、つれあいが洒落たマスクを作って

くれて、余るくらいあるんや!

 

姑息な匂いがする「アベノマスク」なんか いらへんけど

これも税金の一部や思もたら、おろそかにはでけへん。

ほんま、無駄遣いしよったなぁ!

 

・・あんた、今すぐ 辞任しなはれ!!

 

運転免許証の「高齢者講習」

6月の半ば頃に74歳となる六兵衛は、運転免許証の更新が

近づいている。

70歳を過ぎての更新は、前もって近くの運転免許試験場で

2〜3時間の「高齢者講習」を受ける義務がある。

 

去る3月の頃、運転免許試験場へ電話をして「高齢者講習」の

予約を申し込み、講習日も5月半ばと決まっていたのだが

新型コロナウイルスが本格化し始めて「緊急事態宣言」が

頼りない政府から発令された頃、運転免許試験場から

『高齢者講習の一時延期と、緊急事態宣言 解除後に 改めて

電話で申し込んでください』との電話があった。

 

大阪でも「緊急事態宣言」解除となり、運転免許試験場の

ネットで調べてみると『6月1日から「高齢者講習」の受付を

再度 開始する』とのことだった。

 

だから 一昨日の6月1日の朝から、満を持して運転免許試験場

へ再度となる受講申込みの電話をかけたが『ツーツーツー・・』

と通話中音が返ってくるばかりで、一向に繋がる様子がない。

受話器を切った後、少し間隔を開けるとか、すぐかけ直すとか

いろいろ試みたが、1日も2日も繋がる気配さえなかった。

 

6月3日の今朝、12分進んでいる壁の鳩時計が

9時12分になった時、運転免許試験場の高齢者講習の

受付に電話をした。

もちろん どうせ今日も、何度かけても『ツーツーツー』

だろうと、半ば 諦めの境地であった。

・・・・・

少しの間があって・・・・『もしもし、おはようございます』

との女性の生声が聞こえて来た。

『 おぉ〜!!』

 

これで 何とか更新期限までに、とりあえずの「高齢者講習」

を受けられる事になりそうである。

よかった! よかった!

 

話は変わって、六兵衛のボケ防止のためのホームページ作り

の事だ。

相変わらず六兵衛には <タグ>の使い方が分からず

特に「CSS」の扱い方がわかっていない。

10数年前、六兵衛がホームページを作りだした頃

アメリカの次女が教えれくれた「style.css」があったはずで

パソコン内を探したら、その時の「style.css」が見つかった。

しかし、その「style.css」を 今 ボケ防止用のホームページに

合う内容の「style.css」にする基本的な意味が六兵衛には

分からない。

 

それでも いいのだ・・。

どうせ 六兵衛のボケ防止が目的のホームページだし

多少 面倒くさそうで、無駄の多い<タグ>の書き方でも

ボケかけた六兵衛の頭に、少しでも刺激を与えられれば

それで いい・・。

その為の「ホームページ」なのだから・・。

五兵衛の山

 

死に体

それにしても 今の安倍政権は、末期であり「死に体」である。

ここ数年、自分の周りに権力を集め、裸の王様となり

挙句、恥ずかしげもなく様々な醜態を晒している。

 

もちろん それは、国民の命に関わる政治のことなので

「醜態」と言うだけでは片付けられない大事である。

 

その安倍政権、支持率が2割台に落ち込んだとの報道があったが

それでも まだ 3割近い国民が支持しているわけで

・・・信じられない。

 

「SNS」での 匿名を利用した誹謗中傷は言語道断だが

しかし、それと同じ扱いをするように

現政権に向けた批判を非難する意見がある。

政権は国民から批判されてナンボのものだ。

 

現政権のような裸のお王様への批判は

まだまだ足りないくらいだ。

期待するゆえの批判でもあるのだが、もはや現政権に

期待する気持ちは、ないが・・。

 

ボケ防止・・なのだ。

芥川堤道への散歩の帰り、南平台の住宅地を歩いていたとき

空を見ると太陽の周りに虹が出ていて、飛行機雲が一直線。

帰って早速 調べてみると、「ハロ」という現象だという。

 

前日にちょっと頑張って進んだ「ホームページ」作り

その続きを 今日やろうと思ってパソコンに向かったら

昨日の作業が、どこまで出来ていたのかさえ覚えていない。

だから 昨日やった事を、またやり直す事になる・・。

そんな繰り返しで、いっこうに「ホームページ」作りの作業は

先に進まない・・。

何もかも、老いの所為にしては いけないと反省しながらも

ボケ防止のための「ホームページ」作りは、どうにも進まない。

 

「ホームページ」は、いつの間にか「ブログ」へと変わり

可愛い孫の成長の日記を綴った六兵衛の「ホームページ」も

簡単な作業で作れる「ブログ」へと移って行った。

 

今となっては「ホームページ」作りの <タグ> の使い方など

全て忘れてしまっているから、いろいろな「ホームページ」

作りのサイトを参考にするのだが

そんなサイトの説明内容にしてからが

分かる人には 分かるように書かれているのだろうが

六兵衛のような、分からない奴には

簡単には分からないように出来ているものらしい・・。

 

しぐれて ゆくか・・

我が家の裏の農業用ため池に、つる植物の「葛(クズ)」に

全体を覆い被された枯れ木の上に、アオサギが佇んでいる。

 

そう言えば冬の頃、氷雨 降る中、まるで修行僧のように

じっと佇むアオサギがいた。

https://arukuneru.com/2020/01/17/perceive/

 

その時の同じアオサギなら、晴れて修行は終わったのか・・

それとも道半ばで ケツを割り、破戒僧に落ちぶれたか・・。

 

 

「うしろすがたの しぐれてゆくか」・・俳人・種田山頭火


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2013年の初夏の頃に「さし絵」として掲載していた162作目のカット絵。

 

 

ホームページ作りはボケ防止・・その3

パソコン内に残っている古い記録をたどり 調べてみると

六兵衛が「ホームページ」なるWebページを作ったのは

初めてのパソコン「window98」を購入して3年目の

2003年2月の頃だったようだ。

 

もちろん ど素人の六兵衛が作った「ホームページ」だから

内容は単純で、とにかく可愛い孫の写真や その成長ぶりを

載せただけの、まさに独りよがりの「ホームページ」だった

ことを覚えている。


孫たちが まだ小さかった頃に遊びで作った「マンガ絵」が
パソコンの隅っこから出て来たので 懐かしシリーズで掲載する・・その28

 

六兵衛には、まだパソコン操作さえ ままならない頃で

ネットで購入した参考書で、まず簡単な「ホームページ」を

作ったが、分からない事も多くあって

アメリカに暮らしていた次女に教えてもらいながらの

ささやかな「ホームページ」作りだった。

 

それから数年後には、タグなど使わなくても書ける「ブログ」

というものが有ることを次女から聞き、当然 六兵衛も便利で

簡単な「ブログ」へと移って行ったのだった。

それゆえ、それまで「ホームページ」作りで

未熟とはいえ、必要ゆえに使ってきた<p>や<br>等々のタグの

あれこれ等は、今では完全に忘れてしまっている。

 

それでも 何とか、老いた頭を叱咤激励し

いろいろなサイトをググりながら「ホームページ作り」を

ここの所 毎日のように 頑張っているのだが

如何せん 以前と比べると、強く衰えを感じる事が多く

なかなか先に進めない。

 

ボケ防止ホームページ『五兵衛の山』

「ホームページ」のタイトルを『五兵衛の山』と付けたのも

とりあえずの ”形” を調えるためであり

特に書きたい事が有って「ホームページ」を作ろうと

しているわけではない。

サンタクララに暮らすAaronの「WordPress」に下宿させて

もらいながら、六兵衛の日々を更新出来る「ブログ」が有れば

十分である。

 

先日も サンタクララに暮らす次女がメールで

『分からない事があったら、いつでも質問してね』と

言ってくれたが、以前の時のように

分からないからと言って、簡単に教えてもらっては

ボケ防止の為には ならないのだ。

パソコン画面が見れて、指が動いて

キーボードを打てる間は、少しずつでもボケ防止の為の

勉強である。

 

時間は 死ぬまで 有るのだから・・。

 

そら豆の収穫

昨年の晩秋の頃、「えんどう豆」のつもりで買ってきた苗を

畑に植えたあとで、それは「そら豆」だったと間違いに

気付いた。


2019年11月18日 苗を植えた頃に撮影

 


2020年3月13日 花が咲いた頃に撮影

 

そんな状況で植えられた「そら豆」にすれば

育つ途中で 拗ねて ひねくれても おかしくはないのに

六兵衛を恨む事もなく、すくすくと育ち 成長してくれ

いま、収穫のときを迎えた。

 

間違える元となった「えんどう豆」は、10日ほど前に

すでに収穫を終えている。

https://arukuneru.com/2020/05/12/thank-you-2/

つれあいが、タケノコと一緒の煮物を作ってくれて

何度か美味しく食べた。

 

「そら豆」の栽培は初めての事で、収穫の時期が分からない

からネットで調べた。

若く未熟なサヤは 上向きに伸びているが

収穫期のサヤは下向きに垂れ、サヤの背筋の帯の色が濃く

なり、サヤ自体が光沢し、豆のヘソが黒くなるという。

 

そんな事が分かったが、初めて栽培する素人の六兵衛には

実際に実っているサヤを見ても、今ひとつ分からない・・。

収穫時期が遅れると豆が硬くなるともいわれているので

思い切って収穫した。

 

(C)から(G)のように、豆の出来具合も様々で

豆のヘソが黒くなっているものもあれば、まだ白いままの

豆もある。

(A)は健康そうなきれいな豆が実っている。

(B)は病気か害虫の所為か、黒く汚れている。

 

あまり多くの収穫が出来なかった 初めての「そら豆」栽培だったが

我が家ではこれまで、ほとんど「そら豆」を食べた事がなく

どんな料理で食べるのが美味いのか・・それは つれあいに

お願いしま〜す。

 

 

2〜3日前から玄関脇の壁に「ミノムシ」が巣を作った。

『いらっしゃぁ〜い!』