バロン吉元 さん

南草津に暮らす長女の「Facebook」に、どなたかがコメントを

書かれていて、そのコメントへの長女の返信の文言の中に

「バロン吉元」という きーポケには懐かしい漫画家の名前が

書いてあった。

バロン吉元さんというマンガ家は

1960年代頃から1970年代にかけて

”劇画”という漫画のジャンルが確率されはじめた少し後の頃に

貸本向けの漫画本などに「吉元正」という名前で

青春物などの漫画を描かれていた。

その後、青年向け週刊雑誌「漫画アクション(双葉社)」に

バロン吉本のペンネームで「柔俠伝」シリーズの連載を開始する。

これ以後 このシリーズは「柔侠伝」・「昭和柔侠伝」・

「現代柔侠伝」・「男柔侠伝」・「日本柔侠伝」・「新柔侠伝」

と10年も連載が続いていく人気漫画となった。

吉元さんの漫画には、脇に登場する人物に個性があって面白く

特に印象に残っている脇役は

黒澤明監督の作品で志村喬さんが主演されていた「生きる」という

映画に、志村喬さん演じる男が自分は癌だと思い込みヤケになって

酒を飲んでいる酒場で知り合った、チョット風変わりな三文小説家

を演じていた伊藤雄之助という役者さんのキャラクターを

そもまま漫画の中に登場させていたりした。

そんなバロン吉元さんの「柔俠伝」シリーズが単行本で出版されると

すぐに買って本棚に揃えていたから

子供の頃の長女が何気に読んでいたとしても不思議ではない。

・・懐かしい漫画家の名前を 思いがけずに長女の文章から思い出し

ちょっと感想を書きたくなった・・それだけの話なのだが・・。