江戸古地図で・・

「 侍は、三河町三丁目の往来から、二丁目との境を東へのびる

通りへ曲がった。

その通りは、三河町から東へ内神田の町家をゆき、

横大工町をすぎ、竪大工町と田町一丁目の境、

鍋町西横丁、鍛冶町二丁目と鍋町の境を抜けると、

日本橋と筋違見附の八辻ヶ原を結ぶ大通りに出られる。

しかし、侍は 竪大工町と田町一丁目の辻の

半丁(約54・5メートル)手前にある横大工町の辻で

方向を転じ、蝉の声が聞こえる夏の朝に似合った

のどかな歩みを北へとった。

横大工町の北隣が銀町で、銀町の往来の東側に、

青物役所の《御納屋》が瓦葺屋根の二階家をかまえている。」

 

辻堂魁さんの時代小説『風の市兵衛 シリーズ』が20巻で終わり

その続編ともいうべき新しい企画で始まった『風の市兵衛 弐 』の

その第1巻目の出だしの部分の文章である。

 

この文章に登場する「侍」とは

もちろん、我が主人公「唐木 市兵衛」さんのことだ。

今回の市兵衛さんの仕事は

江戸の青果を一手に商っている青物役所の《御納屋》での

そろばん仕事を引き受けることになり

市兵衛さんが その青物役所の《御納屋》へ初めて向かって歩く

路なりを表現した文章である。

 

いつもの事だが また、市兵衛さんの歩く道筋を

江戸古地図を見ながら なぞってみる。

 

市兵衛さんが住んでいる長屋は「雉子町」にある。

上の地図の橙色の◯で示した辺りだ。

 

「雉子町」の長屋を出た市兵衛さんは

文章が表現し始めている 辺り(①)を通って

赤線で示した道程を青物役所の《御納屋》まで歩いている。

 

ところが ここで きーポケには少し疑問がわく・・。

長屋のある「雉子町」から歩き始めて

青物役所の《御納屋》へ行くのなら

三河町三丁目辺りの辻まで行かずとも、一つ手前の

三河町四丁目の辻を東に折れて銀町に挟まれた角を

南へと右折する方が 近道になるはずなのだが・・と。

 

はて さて 市兵衛さんは、雉子町にある自分の長屋から

「青物役所」へ向かったのではない・・とも考えられるし

・・などと

小説には表現されてないが市兵衛さんの歩く道すがらなどを

地図上で やあれこれやと想像をするのは なんとも楽しい。


拡大した古地図。

 

そして、青物役所の《御納屋》は地図でわかる通り

「雉子町」のすぐ近くに在るのだが、この辺りは

これまでの市兵衛さんの生活範囲ではなかったらしく

自分が暮らす長屋の こんな近くに「青物役所」が在ることを

知らなかったなぁ・・と

市兵衛さんは のんびりと そんな風に思いながら

仕事始めの挨拶のために「青物役所」へ向かうのである。

 

きーポケの独りよがりなのだが

古地図で 町の周りの様子を見ながら

市兵衛さんの跡をついて歩く・・やはり 楽しい。

 

無線のマウス

「iPad」や「スマホ」などのタブレットでは

マウスでの操作は出来ない。

だから、マウスに頼る きーポケの場合

我が家のメインタブレットには、マウス操作の出来る

タブレットということになってしまう。

現在は「MacBook Pro」を使用している。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2010年の初秋の頃に「さし絵」として掲載した17作目のカット絵。

 

これまで 当然のように使用してきたマウスは

USB接続の有線マウスを使っていた。

 

少し前に、iPadやスマホなどとイヤホンを繋ぐ方法として

Bluetooth接続という方法があることを知り

散歩の時や昼寝の子守唄用にとBluetooth接続で聴ける無線の

片耳イヤホンを購入した。

 

そうこうしている内に、Bluetooth接続で使える「マウス」の

存在も知った。

イヤホンにしてもマウスにしても、線が有るより無い方が

扱いやすい。

ならば・・と、あれこれ「マウス」を調べてみた。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2010年の初秋の頃に「さし絵」として掲載した20作目のカット絵。

 

無線で使えるマウスには「Bluetooth接続」と「ワイヤレス接続」

などがあるという。

以前のBluetooth接続の片耳イヤホンの初期の設定をするための

ぺアリングの方法が案外 面倒臭い作業に思えたから

今度の無線マウスはワイヤレス式にする事にしてAmazonに注文

今日 それが届いた。

 

とりあえずマウスを充電し、付属の「ミニレシーバー」を

パソコンのUSB端子に差し込み、早速この「更新記事」を

書くために「新品のワイヤレスマウス」を使っている。

 

これまで使っていた有線のマウスとは形が違うので

持ち具合に慣れるまでは ある程度の時間は必要かも・・。

 

古い 古い ハガキ・・

まだ 動けそうな元気が 少しは残っているだろう 今の内に

そして、地震で壊れた諸々の処分のついでも兼ねて始めた

「断 捨 離」を、今も 少しづつ続けている。

 

何となく あらかた片付きかけたようでもあるが

亡くなった両親の残った荷物の中にも 不要な物が多くあって

申し訳ないが思い切って「断捨離」を実行している。

 

そんな両親の整理する荷物の中に一枚のハガキを見つけた。

 

昔まだきーポケが中学生だった頃、

親に貰ったわずかな小遣いのなかから「少年画報」という

月刊漫画雑誌を買っていたが

その雑誌に『とんちゃん』というギャグ漫画を連載していた

「浦山しげを」とういマンガ家さんからのハガキであった。

 

当時 中学生のきーポケが浦山しげをさんにファンレターを出し

その返信のハガキなのだろう。

 

そんなフアンレターを出した事も、お礼の返信を貰っていた事も

五十数年を過ぎた今では忘れてしまっていたが

何を思ってか 親は捨てずに持っていてくれた・・のか。

 

そう云えば・・2018年3月17日の「きーポケ」ブログの

更新記事に、たまたま 浦山しげをさんの『とんちゃん』のことを

懐かしい気持ちで書いたばかりであった。

https://arukuneru.com/2018/03/17/

これも 何かの・・何か?・・か・・。

 

台風21号

台風21号が襲って来た。

 

6月18日の大阪北部地震で 我が家の屋根や壁面に被害を受け

7月29日に襲って来た台風12号では

地震で被害をうけた屋根の一時的な雨よけのために覆った

ブルーシートが、あっさりと飛ばされてしまった。

その後、本格的な我が家の補修工事も工程の3/2ほどが

終わりかけている先日 8月4日

猛烈に激しい台風21号が襲って来た。

 

その日の午前中は いっとき太陽も顔を出していたくらいだったが

昼を少し過ぎた頃から 徐々に風が強くなってきて

午後2時頃になると 半端ない激しい風と雨になってきた。

昼間の台風だったから、激しい雨や強い風の様子が 音と共に

窓越しに見える。

補修工事のために組んでいる足場を覆っているメッシュシートが

バタバタと音を立てて千切れんばかりに激しく波打つ。

その足場自体が前後左右に揺れているのも窓から見える。

揺れる足場のどこかが窓ガラスにあたれば割れてしまうという

つよい不安を感じる。

つれあいと二人 窓ガラスが割れたら危険だからと

なるべく窓には近づかないように・・と思いつつ

折れんばかりに激しく揺れる木々や

千切れんばかりに波打つメッシュシート

なによりも揺れる足場が

とても不安で目が離せられない状況が続いたのだった。

 

きーポケは台風銀座と云われる高知県で生まれ育っているから

多少の台風などで さほど慌てることはないのだが

今回の この台風だけは、正直 恐怖を覚えてしまった。

 

幸いなことに我が家では さほど被害は受けなかったのだが

各地では とても大きな被害が出ているようだ。

 

特に近年の、日本列島全体における自然災害の多さが際立つ中で

口先だけの綺麗事を並べながら、つまるところは何もせず

私利私欲のための権力闘争のみの為政者たち・・

おまえら・・ アホか!!

 

大詰めの修復工事

昨夜は大雨が降った。

今日も また雨模様・・。

2、3日の後には、えらく強い台風21号が襲って来るらしい。

そんな中 「屋根工事」を急ピッチで進めている。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2011年3月11日に発生した東日本大震災後の「さし絵」として掲載した
46作目のカット絵。

 

8月8日に 足場の組み立て作業から始まった我が家の

大阪北部地震の被害による修復工事は

そろそろ大詰めに差し掛かっている。

 

建物外壁の大きな ひび割れなどを削り取ったあと

再度モルタルを施し

室内での大工仕事もあらかた終わった。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
東日本大震災 数日後の 「さし絵」として掲載した47作目のカット絵。

 

今回の修復工事は地震による被害の修復だけではなく

この際 思い切って 今後のことも考え

リホームをも含めた修復作業を工務店さんにお願いした。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
東日本大震災後 4回目の「さし絵」として掲載した49作目のカット絵。

 

そこで、地震で崩れて落ちやすい「瓦」の屋根はやめにして

軽くて丈夫だと言われる「ガリバリューム鋼板」の屋根に

替えてもらうことにして、全ての「瓦」を撤去し

新たな「ガリバリューム鋼板」の屋根にするための作業に

急ピッチで取り掛かってもらっている。

 

屋根と同じように、急いで作業を仕上げてもらっているのは

玄関や階段回り、風呂場やトイレ、そして 今回の地震で

室内では最も被害の大きかったリビングの壁や天井などの

ボード板の張り替えとクロス張りの作業だったが

毎日 遅くまで作業をしてくれたおかげで

多分 その作業は 今日で終了する予定である。


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
東日本大震災後 5回目の「さし絵」として掲載した50作目のカット絵。

 

9月3日の月曜日になれば、大まかな作業が終わった室内を

洗い屋さんが綺麗にしてくれる予定である。

 

そうなれば、きーポケとつれあいの二人が

玄関入り口横の8畳ほどの小さな部屋で 一日

職人さん達の邪魔にならないようにと静かに暮らした日々も

もうあと少しで 終わりを告げるというものだ。

 

宵の明星


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログに
「さし絵」として掲載していた2011年晩夏の頃の75作目のカット絵。

 

地震被害による我が家の修復作業は 今

階段まわりやリビングなどの、ひび割れたボード板を取り替えて

新しいクロスを張り替える作業に取り掛かってもらっている。

 

その日の作業が終わり 職人さんが帰り

つれあいと二人の夕食の時

まだ作業は途中のため カーテンを外したままの

リビングのテーブルから 窓ガラス越しに

暗くなった西の空を見ると

一つだけ宵の明星が明るく輝いていた。

 

普段なら夏場のこの時期の夕食時といえば

冷房をするためにカーテンを閉めているから

金星など見ることもない。

 

やはり 当然

工事中のゴタゴタとした どこか落ち着かない夕食時の

しかし 案外こんなことも

何気ない喜びの ひとつでもあえる・・。

男達がくる・・

ジャ ジャ〜ン

 

男達が来る前に、せめて朝食は済ませておかなければ・・と

老夫婦は考える。

だから、男達がやって来る前に

二人して食べ終わった食器を片付け

テーブルを元の状態に戻して・・

さあ 急いで、老夫婦二人の部屋へ戻ろう。

 

ジャ ジャ〜ン

 

朝 男達が やって来る。

これから一日、老夫婦二人は1階の玄関横の8畳ほどの部屋で

本を読んだり、スマホやiPadを見ながら気分を紛らわし

大きな音は出来るだけ立てず

静かにその日が暮れるのを待つのである・・。

 

ジャン ジャン ジャ〜ン

 

日暮れとともに男達が帰っていく・・。

静かになった我が家で、やおら老夫婦は

1日中 暮らした1階 玄関横の小部屋を出て

キッチンで手際よく夕食の用意をし

リビングにテーブルを出して食べ物を並べ

二人して350mlの発泡酒を缶のまま

今日も無事 1日が終わった事に乾杯し

食事を済ませ

再び1階 玄関横の部屋に帰り

後はただ もう眠るのみ・・なのである。

 

ジャン・・?

 

修復工事をしてくれている大勢の職人さん達・・

暑い中 毎日 ご苦労様です!

ありがとう!

矢でも台風でも もってこ〜い!!

台風19号と20号が連なって日本列島を襲う勢いだ。

 

今より少し前の 7月の29日の未明に

三重県辺りに上陸した台風12号は、いつもとは逆の

東から西へと進路をとりながら近畿地方を通り過ぎた。


以前のきーポケのブログ『大衆娯楽小説は文庫本で』に「さし絵」として
2012年初夏に掲載した120作目のカット絵。

 

先の大阪北部地震で壊れた我が家の屋根の一部の

一時的な雨よけのたのに覆ってもらっていたブルーシートが

その台風12号の強風によって、あっけなく飛ばされてしまった。

後日 再度 ブルーシートをかけ直してもらった数日後の8月8日

地震被害にあった我が家の本格的な復旧作業が

まずは足場組み作業から工事は始まった。

 

ただ 大阪北部地震や中国地方等の大雨による災害が その後も

続いたため、工事作業者の方々の人手が不足なうえに

毎週のように現れる台風までもが

我が家の復旧作業が思うように進まない原因にもなっている。

 

それにしても 今年に限らず 近年の台風の状況は

どっか おかしい。

 

大体 日本に台風がやってくるのは

季節が秋になった9月か10月頃に・・ってのが

これまでの常識ではなかったか。

秋なんて もう少し先なのに

台風だけは もうすでに20号までが

日本列島の目の前まで来て

我が家に組んだ足場の防御ネットを

激しく揺らそうと企んでいるのだもの・・・。

仕舞屋侍シリーズ・第4作 「夏の雁」

・・すると お曾良は、

記憶のなかに大切に仕舞っていた言葉をとり出し、

とり出した言葉を懐かしむように、

『 優しい父でした。母は敏と言います。』と

語りはじめたのだった。

『父が、敏、と 母の名を呼んで、これをどうするのだ と訊ねる、

母が ああしてくださいとか、これは こうするのです、と答え、

父が、わかった、と 遣りとりを交わすのです。

父と母の何気ない普段の遣りとりを聞いているだけで、

私は、いつも ほっとした気持ちになったものです。

父と母の穏やかな、そんな遣りとりが聞こえただけで、

ああ よかった、と 思ったことを今でも覚えています。

言葉には言いつくせないくらい、とても安らかな気持ちでした』

きーポケが 今 もっとも新作を楽しみにしている作家

辻堂魁さんの「仕舞屋侍シリーズ」の第4作

「夏の雁」の文中の一説である。

辻堂さんといえば、何より『風の市兵衛シリーズ』が最高だろうが

他の作品も甲乙つけがたく面白いのだ。

 

岩槻藩勘定方の下級藩士が、上役や同僚藩士らの罠にかけられ

汚名を着せられたまま殺された。

後に残った妻と幼い兄妹は藩を追われ

極貧の暮らしの中で 病気になった母を失い

残された幼い兄妹は離れ離れに暮らさざるをえなくなる。

幼くて その意味さえわからないまま別れ行く妹を

兄は 別れをおしみ

どこまでも どこまでも追いかけて行くが・・。

 

こんな場面に出くわすと、どうにも泣けて 泣けて・・。

つれあいが『・・泣いてるの?』と、なかば からかい気味に

聞いてくる。

 

はじめに書いた文章の一説は、兄と別れた妹・曾良が27年後

仕舞屋を生業とする九十九 九十郎に

兄を探してほしいと依頼をしたときに、曾良の幼い頃の

優しかった父母の思い出などを語った話の一節である。

 

久しぶりの文庫本

6月18日の大阪府北部地震の日から

何となく 文庫本を読もうという気持ちになれなかった

きーポケだったが

数日前から読み始めている。


以前に作ったきーポケのブログ『大衆娯楽小説は文庫本で』に「さし絵」として
2011年に掲載した70作目のカット。

 

10日ほど前、「断捨離」での文庫本の始末を付けながら

まだ未読の海外のサスペンス小説を手に取ったとき

読んでみようかな・・という気持ちになったから

いつでも読めるようにと身近な所に その文庫本を置いていた。

 

何年か前に中古のネット通販ショップで購入していたが

きーポケにとって海外の小説は 何となく取っ付きにくい

思いがしていて、だから購入はしたものの

未読のコーナーに積まれたままになっていて久しかった。

こんな時だからか、ちょっと 読んで見る気になって

数日前から読み始めた。

上院議員殺害の嫌疑がかけられているマフィアの弁護士の

自殺する場面に出くわした11歳の少年は

死の間際に聞いた恐ろしい秘密の情報を打ち明けられ

マフイアに狙われはじめる。

1ドルで少年の弁護を引き受けた中年の女性弁護士と共に

二人は 巨大な権力に追われることになる・・という

アメリカのサスペンス小説『依頼人 (上・下巻)』

ジョン・グリシャム 作(新潮文庫)だ。