仕舞屋侍シリーズ・第4作 「夏の雁」

・・すると お曾良は、

記憶のなかに大切に仕舞っていた言葉をとり出し、

とり出した言葉を懐かしむように、

『 優しい父でした。母は敏と言います。』と

語りはじめたのだった。

『父が、敏、と 母の名を呼んで、これをどうするのだ と訊ねる、

母が ああしてくださいとか、これは こうするのです、と答え、

父が、わかった、と 遣りとりを交わすのです。

父と母の何気ない普段の遣りとりを聞いているだけで、

私は、いつも ほっとした気持ちになったものです。

父と母の穏やかな、そんな遣りとりが聞こえただけで、

ああ よかった、と 思ったことを今でも覚えています。

言葉には言いつくせないくらい、とても安らかな気持ちでした』

きーポケが 今 もっとも新作を楽しみにしている作家

辻堂魁さんの「仕舞屋侍シリーズ」の第4作

「夏の雁」の文中の一説である。

辻堂さんといえば、何より『風の市兵衛シリーズ』が最高だろうが

他の作品も甲乙つけがたく面白いのだ。

 

岩槻藩勘定方の下級藩士が、上役や同僚藩士らの罠にかけられ

汚名を着せられたまま殺された。

後に残った妻と幼い兄妹は藩を追われ

極貧の暮らしの中で 病気になった母を失い

残された幼い兄妹は離れ離れに暮らさざるをえなくなる。

幼くて その意味さえわからないまま別れ行く妹を

兄は 別れをおしみ

どこまでも どこまでも追いかけて行くが・・。

 

こんな場面に出くわすと、どうにも泣けて 泣けて・・。

つれあいが『・・泣いてるの?』と、なかば からかい気味に

聞いてくる。

 

はじめに書いた文章の一説は、兄と別れた妹・曾良が27年後

仕舞屋を生業とする九十九 九十郎に

兄を探してほしいと依頼をしたときに、曾良の幼い頃の

優しかった父母の思い出などを語った話の一節である。

 

コメントする