源助大根

上の池公園そばに そびえ立つ「アベマキ」の木・・。

「アベマキ」を辞書で調べると「棈」と書くらしい。

「棈」は冬の装い・・

 

 

秋の始めにタネを蒔いた「源助大根」の最初の収穫である。

あまり深くもない我が家の庭の畑だがら、やや短めの

源助大根を植えたのだ。

あまり深くもない我が家の庭の畑だがら、やや短めの

源助大根を植えたのだ。

 

 

「大根」の方は、六兵衛の大好きな「紅白なます」に・・。

「葉っぱ」の方は 小さく刻んで、塩を少々ふりかけて揉み

浅漬けにして、花かつおに まぶして食べると最高にうまい。

 

今日 早速つれあいが、「紅白なます」を作ってくれるという。

さっき畑から取ってきた大根と、買い置きの人参を千切りにして

少々の塩をふり、水気が出たら よく絞って・・

それぞれに 好みの量の「酢」をかけ、「刻み昆布」も加えて

軽く かき混ぜて 出来上がり。

 

丁度 昼前に出来上がったので、昼食時に『いただきまーす』。

 

 

同じときに塩漬けをしてくれていた大根の葉っぱの浅漬けが

夕食時には出来上がって食べた。

『ごちそうさまーっ!』

 

 

「紅白なます」も「葉っぱの浅漬け」も

今朝 取り立てだから新鮮で うれしいーっ!!

 

そして、すぐに作ってくれた つれあいに 感謝!

そして そして、畑仕事が出来ることに感謝!

 

コメントする