またまた ちあきなおみさんの歌

拝啓

ちあき なおみ 様。

昨夜もiphoneから流れる あなたの歌を子守唄にして

眠りにつきました。

心ならずも病に伏して、遠い東京に残る友を想って歌う

「男の友情」を聴くと、今でも泣けてくる私ですが・・

 

『あなたの まねして お湯割りの

焼酎のんでは むせてます

つよくもないのに やめろよと

叱りにおいでよ 来れるなら・・・・』と

愛する彼に先立たれた女性が

ひとり残った寂しさに 飲めない酒を飲んでいる。

天国から こんな私を見つけたら、早く迎えに来て欲しい・・

そんな吉田 旺 さん作詞の『冬隣』や

 

追いすがる母を振り切って捨てた故郷

それも ただ若さゆえだった。

そこまでして出て来た都会だったが

人の世の夢に疲れて振り向くと母のやさしさが思い出される。

細降る雨を眺めながら 母や故郷を思い出す・・。

帰ろうと思いながらも いたずらに時は過ぎてしまい

自分の帰りを待つ母に 詫びる明け暮れが続いている・・

という『都の雨に』という歌も また 切なくなってまいります。

 

子守唄 代わりに聴いているつもりが

聴くうちに感情が高ぶり眠れなくなったりも するのですが

それでも それでも いつの間にか 気が付けば

眠ってしまって います。