古い 古い ハガキ・・

まだ 動けそうな元気が 少しは残っているだろう 今の内に

そして、地震で壊れた諸々の処分のついでも兼ねて始めた

「断 捨 離」を、今も 少しづつ続けている。

 

何となく あらかた片付きかけたようでもあるが

亡くなった両親の残った荷物の中にも 不要な物が多くあって

申し訳ないが思い切って「断捨離」を実行している。

 

そんな両親の整理する荷物の中に一枚のハガキを見つけた。

 

昔まだきーポケが中学生だった頃、

親に貰ったわずかな小遣いのなかから「少年画報」という

月刊漫画雑誌を買っていたが

その雑誌に『とんちゃん』というギャグ漫画を連載していた

「浦山しげを」とういマンガ家さんからのハガキであった。

 

当時 中学生のきーポケが浦山しげをさんにファンレターを出し

その返信のハガキなのだろう。

 

そんなフアンレターを出した事も、お礼の返信を貰っていた事も

五十数年を過ぎた今では忘れてしまっていたが

何を思ってか 親は捨てずに持っていてくれた・・のか。

 

そう云えば・・2018年3月17日の「きーポケ」ブログの

更新記事に、たまたま 浦山しげをさんの『とんちゃん』のことを

懐かしい気持ちで書いたばかりであった。

https://arukuneru.com/2018/03/17/

これも 何かの・・何か?・・か・・。