「macOS 10.14 Mojave(モハべ)」・・その3

Appleが「macOS High Sierra 10.13.6 」に替わる

新しいバージョン「macOS 10.14 Mojave(モハべ)」を

リリースしてから1ヶ月以上が過ぎた。

 

これまでにも当ブログで2度ほど、新バージョンの

macOS 10.14 Mojave(モハべ)」について どうすれば良いのか

迷う状況などを書いてきた。

 

ところが、我がMacBook Pro内の「アプリケーション」の中に

いつのまにか、いつのまにか、他の様々なアプリに混ざって

macOS 10.14 Mojave」のインストール用のアイコンが

ちゃっかり収まっているのに気がづいた。

 

いかにも『さあ 早くインストールをするんだよ!』と

言われているように・・なのである。

 

いつのまに、インストール用のアイコンがダウンロードされて

そこに あるの?

きーポケに一言の許可もなく そこに あるの?

こんな事されたら『 はよせえ!はよせえ!』って

ケツ つっ突かれているようで、何となく せわしないやんかぁ

 

 

だから改めて、しつこいようだが 今回も また

新しいバージョン「macOS 10.14 Mojave」に対する世間の声を

調べてみた。

 

『今度のアップはメジャーアップデートなので

アップデートをしてしまうと、今まで動いていたアプリが

動作しなくなる可能性もある。

慎重に調べてからアップデートするべきだ。』

 

『インストールしてみたら、OSの動作は非常に重くなった。

Chromeを開いても、もっさりしているし、何をやっても動作が 

もたつく感じがすが、「クリーンインストール」をすれば

サクサク動作をするようになった。』・・などとの意見もあり

何だか ややこしそうでもある。

 

macOS Mojave にアップグレードしてしまうと

メジャーアップデートなので、仮に何かあっても

macOS High Sierra」には戻れない・・との声もある。

 

Appleの勧めを無視してアップグレードしないままでいると

何となく乗り遅れたような気持ちになって

ちょっと焦りたくも なったりする きーポケではあるが

落ち着いて いろいろ考えるに・・

今のままのバージョンでも特に困る事があるわけでもなく

何か不都合が起きそうになるまで、当分 このままで行こうかと

そんな気持ちに傾きかけている 今日この頃である。