文庫本『深川鞘番所』シリーズ

浅黄 斑さんの『無茶の勘兵衛日月録』シリーズや

長谷川 卓さんの『北町奉行所捕物控』シリーズに続き

今回 再読を始めたのは『深川鞘番所』シリーズである。

作者は吉田 雄亮さん、祥伝社の文庫書き下ろし時代小説で

2008年から2012年にかけて全10巻が出版され

2017年12月には、続編となる『新・深川鞘番所』も

出版されている。

 

北町奉行所・与力の大滝錬蔵は、江戸の町民の暮らしを守る事

を己の仕事と心に決め、その為なら上司に逆らう事も厭わず

北町奉行との繋がりを利用して米を買い占め、町民を苦しめて

いる大商人を有無をいわさずに捕縛した。

結果 大滝は奉行の不興を買い、深川の大番屋支配への左遷を

命じられる。

深川は無法の町と化していて、役人とはいえ まともな仕事を

しようとすれば命を掛けてやらねばならない町だった。

その上、深川大番屋の配下の同心達は まったくやる気がない。

そんな部下達にも無理は強制せず、錬蔵自身のやるべき事を

コツコツと務めようとする。

そんな上司・錬蔵の姿に、やる気のなかった配下の同心達も

少しずつ変わっていく。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の秋の頃に「さし絵」として掲載していた78作目のカット絵。

 

作者・吉田雄亮さんの別の小説、例えば「裏火盗罪科帖 」

シリーズや、「留守居役日々暦 」シリーズ等の他の文庫本

も読んでみたが、物語は単調で 六兵衛の好みには合わず

吉田雄亮さんの数ある作品の中で、残念ながら

当『深川鞘番所』のみが、六兵衛が再読したくなる文庫本

なのである。

 

コメントする