『夕日は落ちて』

六兵衛の日課である散歩の時に聴く昔の流行歌の中に

松平 晃さんと豆千代さんの二人が歌うデュエット曲がある。

 

戦前の1935年(昭和10年)にコロムビアレコードから

発売された『夕日は落ちて』という流行歌だ。

作詞:久保田 宵二 さん    作曲:江口 夜詩 さん

歌は 松平 晃さんと豆千代さんのお二人。

 

豆千代さんは 名前でも想像出来るように、芸者さんから

歌手になられたそうだ。

 

『夕日は落ちて』

https://www.youtube.com/watch?v=ms_u4T7GahY

(1)

  荒野(あれの)の涯(は)てに 日は落ちて

  遥か またたく 一つ星

  故郷(ふるさと)捨てた 旅ゆえに

  愛しの黒馬(あを)よ 淋しかろ

(2)

  七つの丘も 越えたれど

  湖(うみ)の ほとりも さまよえど

  朝霧夜霧 暮れの鐘

  優しきものは 風ばかり

(3)

  夕日は落ちて 黄昏(たそがれ)

  今日もとぼとぼ 旅烏(たびがらす)

  恋しき君よ 思い出よ

  いつの日 幸福(さち)は めぐるやら

(4)

  名もなき花も 青春(はる)を知り

  山の小鳥も 歌を知る

  何故(なにゆえ)悲し 人の子は

  荒野(あれの)の涯(はて)の 雲を見る

(5)

  休めよ黒馬(あを)よ 今しばし

  月が出たとて 匂うとて

  恋しの人が 待つじゃなし

  頼むはせめて そち一人

※ 黒い馬のことを「あを」と言うらしい。

 

「YouTube」で聴ける この歌への「沈丁花さん」という人

のコメントを借りれば・・『昔の唄には、正座して

しみじみと聴きたくなるような そんな唄が多い。

 生きていれば 誰でも感じる人の世の哀しさが

雨だれのように 心に浸み込んでくる・・』 と。

 

日本の関東軍が強引に中国東北部(旧 満州)を占領して

日本と中華民国との武力闘争(事変)が始まった頃

日本の社会にも 極めて不穏な気配が色濃くなり

自由な言論は封殺され、軍国主義意識が強くなって

優しく生きることが難しくなってきた時代の唄である。

 

そんな重く暗い時代の歌詞ではあるのに

リズミカルとも思えるようなテンポの良い曲が

何だかモダンな感じさえして 耳に残る。

二人の歌手が、言葉を一つ一つ丁寧に歌い上げていて

聴く六兵衛の気持ちを軽くしてくれる。

コメントする