石蕗(つわぶき)とムラサキカタバミ

もう何年も前のことだ。

今は誰も暮らさなくなっている田舎の墓の掃除に帰った時

つれあいが墓の近くに繁っていた石蕗(つわぶき)を

根本から引き抜いて持ち帰り、我が家の庭へ植えた。

その「石蕗」が今年も可憐な黄色い花を咲かせた。

初めは一ヶ所に植えた「石蕗」が 今では、庭のあちこちに

広がって咲き、秋の庭に明るい彩りを添えてくれている。

 

ついでに もう一つの花、「ムラサキカタバミ」という

名前は いかめしいが、花は桃色のちょっと儚げな姿の花も

庭の片隅に群生している。

 

名前を知らなかった この花の事を、ネットで調べてみた。

『今では雑草として扱われているが

江戸時代末に観賞目的で輸入されたものが

各地で野生化・繁殖した帰化植物。』・・とある。

 

確かに 根は深く強く、引き抜いても 引き抜いても

しつこく生えてきて、いつの間にか群生している・・。

儚げに咲く見た目とは違い この花、生命力は半端ない。

 

コメントする