帽子

いつも散歩をしていると、六兵衛と同じように散歩中の中年や

老年のオッさん達と行き合う。

オッさん達は 仕事をリタイアした後だと想像するが

昼間から 特にする事もなく、酒を飲むにはチト早すぎるし

つれあいには鬱陶しがられて、それでも 多少なりとも健康は

気になる・・そんな状況の 六兵衛を含めたオッさん達は

それぞれの理由で 外に出て歩いている。

 


以前に作った「マンガ絵」が、パソコンの隅っこから出て来たので
ブログの賑やかしに利用する・・その12

 

そんな散歩道で出会うオッさん達には、一目でわかる

大きな特徴がある。

大袈裟に云えば、みんなが皆んな「野球帽」を被って歩いて

いることだ。

 

六兵衛が子供の頃には この帽子を「野球帽」と呼んでいた

と思うが、この頃は「野球帽」の呼び名も「キャップ」とか

そんな おしゃれな言い方をするらしい。

かく言う六兵衛も「キャップ」を被って歩いている。

 

六兵衛が被っている この「キャップ」は

10数年前にアメリカに暮らす次女と、あーろんの二人が

日本に帰って来た時の六兵衛への お土産に貰ったものだ。


現在の キャップに、「Yahoo!」の文字を合成した。

 

その当時の「キャップ」には、写真のように大きく赤い文字で

「Yahoo!」と入っていて、六兵衛は その文字入りの

「キャップ」を被るのが、何となく気恥ずかしくて

お土産にくれた あーろんには悪かったけど、「Yahoo!」の

文字を外して無地の「キャップ」にして 長く被ってきた。

 

それから10数年、このお土産に貰った「キャップ」を

便利に被り続けてきたものだから、今では色も褪せ

少し薄汚れて、汗染みて変色もしているが

見方を換えれば 貫禄が出てきた・・ともいえ

まだまだ十分 被れる「キャップ」なのだ。

 

さて ここからが今日の本題になる・・。

 

先にも書いたように、散歩の途中の あっちでも こっちでも

行き交うオッさん達は必ずと言っていいほど「キャップ」を

被っている。

言い換えれば それは、オッさんと云う年代の不器用とも

言える未熟?な美的感覚の現れが、「バカの一つ覚え」の

ように、オッさん達が被る帽子は

みんな「キャップ」に なるのかもしれない。

 

そのような意識が 数日前あたりから、六兵衛の中に生まれて

きて、皆んなと同じように疑問も持たず「キャップ」を被って

歩く自分は、オッさんという「型」に はまりこんでしまって

いる・・との思いに至った。

六兵衛はジーさんなんだから、他のオッさんやジーさん達と

同じでもエエやないか とも思う一方で、一度その事を意識

してしまうと、やっぱり 皆んなと同じ「型」に はまっては

歩きたくないなぁ・・とも思うのだ。

 

ほんまのホンマ、些細な事だとは分かっているが

まるでガキのような知恵がついてしまった六兵衛の

さて これからの 秋から冬、そして春へと続く散歩での必需品

の帽子をどうするか・・。

とりあえず 写真のように、今までの「キャップ」で歩くか

もう一つ 所持している帽子「バケットハット」にするか

はて さて・・と考えるのである。

 

暑い夏場だけは、つれあいが買ってくれた日よけ用の

やや広めのツバの付いた「サファリハット」を被る。

 

そして冬場の寒いときは、ネット通販で購入した

「ニット帽子」を被る。

 

 

オッさんを通り越してジーさんになった六兵衛なのに

相変わらず 細かな独り言を事をグダグダと・・。

『 三つ子の魂 百まで・・』とは、よく言ったもので

六兵衛の性格は 今も変わらない・・。

 

ここに掲載した各種の「帽子」、今までの六兵衛なら全て

「帽子」と片付けていたと思うが

このブログ日記を書くにあたって、それぞれの帽子の名前を

調べた・・新たな知識が増えたが、多分 すぐ忘れると思う・・。

 

何だかなぁ〜。

 

コメントする