六兵衛が暮らす界隈にも 本番の秋到来。

 散歩道の途中の柿の実。

『あの柿が庵(いおり)らしくする実のたわわ』 種田 山頭火

 

昔 娘達が通った中学校の側の200段ほどの階段にも秋が・・

 

阪神高速道路の側道の街路樹も・・

 

上ノ池公園の樹々も・・

 

 

 

『秋となった雑草にすわる』

『秋風の石を拾ふ』

『落葉ふる奥ふかく御仏を観る』

『家を持たない秋がふかうなるばかり』

 

・・いずれも山頭火が、放浪中の秋に感じたと思われる句。

 

コメントする