えんどう豆の温室

庭の畑に、来年の5月頃に収穫予定のエンドウ豆のタネを

ポリポットにまいて数日が過ぎたが、まだ芽が出ない。

 

この辺りも この頃 急に寒くなって、エンドウ豆が芽を出すには

少し寒すぎる季節かもしれないと 心配になってきた。

 

以前 仕事で使っていた「養生シート」が残っていたので

その半透明のビニールの部分で、エンドウ豆のタネを植えた

ポリポットを一ヶ所に集め、温室の如く仕上げた。

 

ど素人の六兵衛のする事だから

それが良い事なのか 悪い事なのか分からないが

このままで しばらく様子を見よう。

 

1年に一度 5月のころ、田舎の墓掃除に帰った時には

必ず「道の駅」に寄って、軽く茹でた淡竹(筍の一種)を購入し

家に帰って エンドウ豆と一緒に煮て食べるのだが

これが たまらなく美味いのだ。

 

めったに購入できない「淡竹」は、量に限りがあるが

せめてエンドウ豆は タップリと食いたいものだと

今から「捕らぬ狸の皮算用」なのだ。

 

コメントする