「ダウングレード」

新バージョン「macOS Catalina」へのアップを行なったものの

ハードディスクの「ストレージ容量」は増えてしまうし

動作も何となく重たいし、追加の料金を払わないと使えない

アプリもあったりして、新バージョンの「macOS Catalina」へ

のバージョンアップは、六兵衛にとってはマイナスだった

ような感じがしているのだ。

そんな感想を、「macOS Catalina」にバージョンアップした

後の、おとといの24日の日記にも書いた。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の晩秋の頃に「さし絵」として掲載していた84作目のカット絵。

 

せっかく新バージョン「macOS Catalina」にアップしたばかり

だけれど、元のバージョン「macOS Mojave」の方が

良かったような気がしている・・。

もし出来るなら、元のバージョン「macOS Mojave」に

戻した方がいいように思う・・。

 

新バージョン「macOS Catalina」にアップしようと思う

キッカケをつくったのは、ディスクトップ画面「Dock」内の

「システム環境設定」のギアマークに くっ付いた

いつまで経っても消えてくれない事であった。

今考えれば、くっ付いていたは、ギアマーク自体を「Dock」

から削除してしまえば、一緒に消えてなくなるはずなのだ。

 

もちろん「Dock」から「システム環境設定」のギアマークが

消えても、メニューバーの「りんごマーク」をクリックすれば

「システム環境設定」は出てくるのだから なんら問題はない。

 

以前のバージョンに戻れるか どうかを、ネットで調べた。

前バージョンに戻る事を「ダウングレード」と云うらしい。

果たして六兵衛に出来るかどうか ちょっと不安やけど

大切な資料は「外付けHDD」や「クラウドサービス」に

保存しているから、思い切って六兵衛の勉強も兼ねて

「ダウングレード」を決行する事にした。

 

「外付けHDD」の「Time Machine」に保存している

「Macintosh HD」の直近のデータを用いて

「macOS Mojave」への「復元」を始めた。

画面の指示に従い進めながらも、戸惑う事や 迷う事なども

あったが、そうこうするうちに再起動の画面になり

「Box」や「Dropbox」との共有も終わり、元のバージョンの

「macOS Mojave 10.14.6」に戻ることが出来た。

 

「macOS Mojave」に戻って、改めて「ストレージ」の容量を

調べてみると、空き容量が75GB /120GBとなっていて

「macOS Catalina」よりも少なく、まずは無事の終了を実感。

 

そして、ディスクトップ画面の「Dock」から

「システム環境設定」を削除したら、ギアマークが

一緒に消えたので、重荷が取れてスッキリとした・・。

 

サンタクララに暮らす次女に勧められて購入していた

Macを最適化するツール(クリーンアップやセキュリティ

保護、高速化などの)の「CleanMyMac 3」が

新バージョンの「macOS Catalina」では有料の

「CleanMyMac X」しか使えないことがバージョンアップ後に

分かったので、どうしょうかと迷っていたが・・

 

前の「macOS Mojave 」に戻ったら、嬉しい事に

「CleanMyMac 3」のまま 使えるようになっていた。

 

これからも、この「MacBook Pro」が 我が家の主パソコンと

して働いてもらわなければならない。

いつまでも 元気で・・六兵衛は頼りにしているのだ・・。

 

 

 

・・・よかった よかったと喜んでいたら、またも小窓が現れて

「macOS Catalina」の新バージョンアップを進めてくる。

しつこい やっちゃなぁ・・

そやけど 無視します! 無視!むし!

 

コメントする