おまえは お化けか・・

11月の終わりの頃に、新バージョンの「MacOS Catalina」に

アップしたものの、この「Catalina」が、未熟な六兵衛が使用

するには 何かにつけて不要領と思えて、やっぱり前バージョンの

「macOS Mojave」の方が、使い勝手が良かったということから

新バージョンにアップした2日後には

前のバージョン「macOS Mojave 10.14.6」に戻した経緯がある。

 

それなのに、それなのに・・

これで、慣れている前バージョン「macOS Mojave」のままで

六兵衛のペースで静かにMacを使えると思っていたのに・・

出るんよ、今でも・・

お化けみたいな 奴が・・。

デスクトップ画面の右上のほうに

スゥ〜と 小窓が音もなく・・現れるんよ・・。

それも ほっといたら 毎日のように やで・・。

 

そして・・

次に続く小窓を見ると・・

 

やはり やはり、「MacOS Catalina」の新バージョンへの

誘いやないか。

 

ところが その下に書いてある文言を よく読んで見ると

「ほかにもアップデートがあります。」とある。

どうやら 「macOS Mojave 10.14.6」内のセキュリティーを

アップするためのアップデートの可能性もある・・という事か。

 

その前に 念のため、その小窓の赤矢印で示した

「Macを自動的に最新の状態に保つ」の「✔️」を消したら

今後 この様な新バージョンを誘う小窓は出なくなるのでは

ないかとの期待を込めて、「✔️」を外しておいて

小窓の表記の少し上に戻って、「詳しい情報」をクリック

してみると・・

 

先の「ほかにもアップデートがあります。」との文言は

「 セキュリティアップデート 2019-001 10.14.6 」の

アップデートの事のようだ。

「今すぐインストール」をクリックした。

 

これで上手くいく・・と思ったら 行き着い先は

結局 新らしい「MacOS Catalina」へのバージョンアップに

つながる小窓だった。

「 セキュリティアップデート 2019-001 10.14.6 」の

アップデートはとりあえず出来たのかもしれないが

Appleは どうしても新しいバージョンアップを させたいらしい。

 

六兵衛に そのつもりはないから、その事に途中で気が付いて

作業を中止した。

 

こんな風に いつまでも、しつこく しつこく

新しい「MacOS Catalina」に誘い込まれる危険?が続くと

六兵衛の、小さくて スカスカの頭脳では

何が何だか分からなくなってくる。

こうやって、ブログに その過程の説明を書こうとして

訳が分からんもんやから、文章も まとまらない。

 

ほんま もう グチャグチャやけど・・

それでも我が「MacBook Pro」は、細かな事さえ気にしなければ

今日も元気に動いているのだ。

 

『 連れもって 行こナ!』

 

コメントする