老いて こそ・・

六兵衛のブログには常々、老人となった六兵衛のことを

直接的だったり 間接的だったりしながら、さも六兵衛が老人だと

強調するかのように、あれやこれや としつこいほど書いている。

 


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2013年の梅雨の頃に「さし絵」として掲載していた167作目のカット絵。

 

だからといって、老いた六兵衛の残りの人生を

決してマイナス思考で考えているわけではない。

体力的に疲れやすくもなり、事あるごとに 足や腰や肩などに

痛みを意識するようになり、記憶力や集中力などの頭の働きも

鈍くなって、物忘れも多くなってきた。

 

しかし しかしだ、仕事もリタイアして 世間との関わりも

少なくて済むようになった今では、多少の身体の痛みだとか

頭のボケだとかは、大した問題にも思えず むしろ 今の方が

何とはなしに楽に生きているのではないか・・とさえ

感じていたりする。

 

決して 老人となった六兵衛の ひがみや負け惜しみではなく

六兵衛が子供だった頃に周りにいた老人達に感じていた

ゆとりのような落ち着きが、今になって納得出来るように

思えるのである・・。

 

コメントする