「高齢 市営バス乗車券」

きーポケが70歳を過ぎたとき

高齢者用の「市営バス無料乗車証」が送られて来た。

しかし そのことで 、お前は高齢者になったのだ・・と

敢えて決めつけられたような気がして

何となく ショックだったことを、以前に このブログに書いた。

先日 役所から『市営バス無料乗車券(ICカード)交付申請書』

なる用紙が郵送されて来て、近くの郵便局へ申請に行って

新しい「高齢 市営バス乗車券」を受け取ってくれ・・という。

 

これまでの高齢者用の「市営バス無料乗車証」は

2年ごとに更新が必要な、写真を貼った単なる印刷物だった。

 

それが これからは ICの時代だから・・という事なのだろう

「市営バス無料乗車券」を ICチップを内蔵したカードにして

「市外に転出したとき」や「死亡したとき」など以外は

今後一生 更新をする必要がないということのようだ。

 

ゴールデンウイークが中休みの今日、散歩に出たついでに

近くの郵便局へ行って、新しいICチップを内蔵した

『市営バス無料乗車券』を受け取って来た。

郵便局の窓口で 「交付申請書」と

これまで使っていた「市営バス無料乗車証」を提出して

2、3分待っただけで『市営バス無料乗車券』がもらえた。

 

古い「市営バス無料乗車証」

貰ってから2年の間に1回 使った記憶がある・・・。