『上海の街角で』

きーポケの散歩のお供に欠かせないのが

iPhoneのアプリ「OPlayer Lite」に保存している

戦前や戦後まもない頃に歌われていた流行歌の数々だ。

そんな流行歌の中に 東海林太郎さんが歌う『上海の街角で』と

いう歌がある。

 

山田栄一さんの 作詞、佐藤惣之助さんの 作曲とかで

1938年(昭和13年)にレコーディングされている。

 

当時、アジア各地を植民地化しようとするヨーロッパやアメリカ

などの大国から、中華民国を守ってやるとの身勝手な理屈をつけて

大日本帝国は武力をもって強引に中国大陸へ進出した。

それに伴い 多くの日本人も一旗揚げようと大陸へ渡って行った。

そんな時代に異国で必死に生きようとした男と女を

直立不動で歌う東海林太郎さんの姿を重ねながら想像し

時代はともかく いい歌なのである。

https://www.youtube.com/watch?v=A9HwHFCTS34&t=59s

 

この歌に 男の台詞が挿入されている。

その声から想像をして、「必殺仕事人」などで活躍した

藤田まことさんだろうと、ずーっと思っていた。

何度 聴いても この声は藤田さんだと、疑う余地もないほどに

藤田さんの声だと思い込んでいた。

 

ただ、この声が藤田まことさんなら、年齢的に時代が合わない

ような気もしたりして、だから改めてネットで調べてみた。

 

あれ・・マ! 藤田まことさんじゃあない・・って?

えっ、小池朝雄さん だって?!

 

だいぶ以前に NHKのTVドラマ「刑事コロンボ」の吹き替えを

していた、あの 小池朝雄さん・・だという。

えーっ・・。

 

そう・・小池さんといえば

きーポケにとって忘れられない昔の映画で

吉永小百合さんや浜田光夫さんが主演していた『泥だらけの純情』

に出演されていて、浜田光夫さん演じるチンピラ・次郎の兄貴分役

で 渋い演技をされていた小池朝雄さんを、今でも思い出す・・。

・・そうか、あの声は 小池朝雄さんだったか・・。

 

そして新たに分かったことは、小池さんが台詞を吹き込む前に

つまり 昭和13年の最初のレコーディングで台詞を吹き込んだ人は

現在 TVの司会などで活躍している関口宏さんのお父さんになる

佐野周二さんだったという事もわかった。

だから改めて佐野周二さんの台詞の入った「上海の街角で」も

YouTubeで聴いてみたのだが、どこか頼りなく 間延びしていて

小池朝雄さんの あの低い男らしい声の方が はるかにいいと

思ったきーポケである。