奈良の「興福寺」といえば・・

世界遺産に登録されている奈良・興福寺の「中金堂」が

約300年ぶりに再建され、完成を祝う楽慶法要が営まれたという

ニュースをTVで見た。

そう「奈良・興福寺」と聞けば、きーポケが すぐ思いだすのは

時代小説『風の市兵衛』の主人公・唐木市兵衛さんだ。

 

市兵衛さんが13歳になったとき、父親の片岡賢斎が亡くなって

母方の祖父・唐木忠左衛門に元服の儀式をしてもらい

名前も片岡才蔵から祖父方の名をもらって唐木市兵衛となり

一人  片岡家を出て上方へ上り、「奈良・興福寺」で剣の修行の

日々を送った市兵衛さんなのである。

 

物語の中の「夢」も「 現」も、混ぜこぜの きーポケの言だが

「奈良・興福寺」・・の名前を聞くと、つい 市兵衛さんを

思い出してしまうのである。

 

文庫書き下ろし時代小説『風の市兵衛』(祥伝社 文庫』は

新しいシリーズ『風の市兵衛 弐』が始まっており

現在 第3巻まで発売されているようだ。

 

その 第1巻は読んだが、第2巻、第3巻の中古本が

なかなか安くならず

まだ 読めてないままの きーポケなのである。

 

コメントする