貸本マンガの影響を・・

遠〜い昔の きーポケが やっと中学生になった頃の話。

3歳上の兄の影響を受けて、子供ながらマンガを描き始めたんだ。

その頃は貸本漫画の全盛で、「劇画」というジャンルのマンガが

出始めた頃だった。

 

『影』とか『街』とか『刑事』とか、そんなタイトルの

沢山の貸本屋向けのマンガ本が出版され

貸本屋から貸し出されていた。

そんなマンガ本を1冊5円だったか10円だったかで一晩借りて

貪るように読んだもんだ。

 

中学2年生の時、同じクラスにマンガを描くことが好きな同級生が

4人もいた・・偶然だったけど。

学校でも 行きも帰りも、いつも連んでマンガの話 ばかりだった。

そんな同級生4人みんなの描いたマンガを集めて

きーポケがタコ糸と糊とで お粗末だが製本した雑誌が

物置の奥から見つかった。

 

つれあいが物置の整理をしていて、そんなマンガ本を見つけて

出してきてくれた・・「断捨離」効果・・か。

 

もちろん 、子供の作る物だから、お粗末な出来栄えだけど

少しでもそれらしく真似をしようと、雰囲気を楽しもうと

精一杯作ったものだった。

 

嗚呼・・あの頃が 懐かしい・・。

 

コメントする