名犬ラッシー

南草津に暮らす孫達が 我が家に遊びに来たときに

見せるつもりなのだろう つれあいが

5月1日の夕方 6時頃から始まるBSのテレビ東京が放映する

映画『名犬ラッシー』の録画を始めた。

 

 

六兵衛の記憶は どうにも あやふやなのだが

遠い遠い昔の、テレビがまだ白黒だった時代に

『名犬ラッシー』という、アメリカから輸入したテレビ番組

(当時は そんなTV番組が多くあった)が

放映されていたことを覚えている。

 

ただ、その当時の六兵衛は『名犬ラッシー』の番組を

ほとんど見てはいないのだが、人気のあったテレビ番組

だったようで、その後も 幾つものシリーズが作られ

アニメ番組にもなったという。

 

今日 テレビ東京が放映した劇場用映画は

2005年に制作された わりと新しい映画のようで

最初に出版された原作の小説に

忠実に映画化されているという。

 

小さな炭鉱町で両親と暮らす少年ジョー。

彼の親友は 賢くけなげで美しいコリー犬・ラッシー。

しかし生活に困った両親は公爵にラッシーを売り

少年ジョーとラッシーは 離ればなれに・・。

何度も公爵の屋敷から脱走し 少年の元へ戻ってしまうが

また連れ戻されてしまうラッシー。

そして公爵はラッシーを連れ、遠く離れたスコットランドへ。

それでもラッシーはそこから脱走をして

大好きな少年に会うために走り続ける・・。

果たしてラッシーは少年のいるヨークシャーまで

たどり着き、もう一度 少年に逢うことが出来るのか!?

 

・・そんな あらすじの

六兵衛からしたら子供だまし?のような

まぁ そんな単純な物語を、つれあいが録画をするなか・・

何かに惹きつけられたか六兵衛も

ついつい 最後まで全部 観てしまった・・。

 

コメントする