「平成」から「令和」へ

「平成」から「令和」への、新しい時代の幕開けとはいえ

それにしても ここ数日の お祭り騒ぎに

六兵衛は いささか不安に思う・・。

 

決して六兵衛は、天皇崇拝者では ありませんが

平成の30年間、天皇さまと美智子皇后さまの お姿の

特に お年を召されてからの お二人の映像を見るたびに

微笑ましくもあり、目頭が熱くなることも度々ありました。

 

しかし その事とは別に ここ数日の

世間の見境のない お祭りの如き浮かれた騒ぎに

ただ 単純に そうして騒ぐだけで

それが天皇家の為にも、国民の為にも良い事なのかと

心配になる六兵衛です。

 

もう一度 ・・それにしても それにしても

「平成」から「令和」への元号の変わり目だとはいえ

あまりにも お祭り騒ぎが過ぎると 思われませんか。

 

これは六兵衛の邪推とか猜疑心とか、または下衆の勘ぐり

・・などと言われても、反論するつもりはありませんが

しかし ここ数日の 世間のお祭り騒ぎを見るにつけ

やっぱり何か 別の理由で、国民は踊らされているのでは

ないか・・と、勘ぐりたくなってしまいます。

 

例えば 例えば・・

安倍政権を影で支えているといわれている

大手の広告代理店が

さもタレントを世に売り出すがごときに 世情を操り

また、現政権へ忖度する大手放送局らは

その お祭り騒ぎを あおるがごとく放送を垂れ流す。

 

それも これも、現 安倍政権のマイナスと思える部分を

「改元」という お祭り騒ぎをする事で

国民の意識を はぐらかし、さも  良い世の中だとの

印象を与える役割を担っているのではないかと

六兵衛は勘ぐってしまうのです。

 

 

だからといって、だからといって・・

新天皇さまや新皇后の雅子さまには

上皇や上皇后さまが 余りにも素敵だったからと

それを意識し過ぎて、無理に同じようになさろうとの

お考えになられる必要はないと思います。

ご無礼を承知で申し上げれば

お二人の無理のない天皇さま像、皇后さま像で

国民に接して下る・・

それで 良いのではないでしょうか。

 

コメントする