パソコンの電源は・・

半月ほど前まで 我が家の主パソコンとして働いてくれていた

「MacBook Pro・Mid 2012」の場合の電源に関して

何も知らないまま、購入した時から電源アダプターを

差し込んだままでパソコン作業をしていたためかどうか

購入から2,3年が過ぎた頃から、メニューバーのバッテリー

マークをクリックすると、『バッテリーの交換修理』

との表示があり、だから その後も電源アダプターを差し込んだ

ままで、ずーっと使用してきた。

 


孫たちが まだ小さかった頃に遊びで作った「マンガ絵」が
パソコンの隅っこから出て来たので 懐かしシリーズで掲載する・・その24

 

しかし、パソコンやスマホなどのバッテリーは

そのバッテリー量が20%から90%くらいの間に

電源アダプターを接続して充電する事が

バッテリーを長持ちさせる方法だと聞いたりしていたから

半月ほど前に購入した「MacBook Air」では

前回の失敗?を繰り返さないようにと、充電が90%を

超えたあたりで充電を終えると すぐ電源アダプターを外し

再び20%あたりまで減ってくると、改めて電源アダプターを

接続して充電をするように心がけていた。

しかし、これが非常に煩わしい。

 

六兵衛の場合、パソコンを持って外出することなど特になく

その殆どが 我が家の決まったテーブルに座り

パソコンに向かっているのだ。

出来れば、電源アダプターを差し込んだり外したりの余分な作業を

省略したいと思う。

 

そこで 今回 改めて、パソコンにおけるバッテリーの充電方法

についてWebで調べてみた。


孫たちが まだ小さかった頃に遊びで作った「GIFアニメ」が
パソコンの隅っこから出て来たので 懐かしシリーズで掲載する・・その25

 

「Apple」によると・・

Macノートブックパソコンのバッテリーは「リチウムイオン

バッテリー」で、充放電回数の上限は1000回だという。

また『100%まで充電されたバッテリーは電源アダプターを

繋いだままでも それ以上には充電されず

その後は電源アダプターからの給電でパソコンは駆動する』と

書いてあった。

 

こいう事々の説明は 理解しづらい六兵衛なのだが

要は、電源アダプターを差し込み 充電が終わって

そのまま電源アダプターを差し込んだままにしていても

パソコンは満タンになったバッテリーからの給電ではなく

電源アダプターからの給電で動く仕組みになっており

バッテリー自体の充放電はない・・と云う事なのだと

六兵衛は解釈した。

 

今までの六兵衛の思っていたイメージとは異なり

案外に、電源アダプターを差し込んだままパソコンを使っても

バッテリーに悪影響はない・・と云う事・・か。

それなら これからは、電源アダプターを差し込んだままの状態

でパソコン作業が出来るというものだが・・。

 

コメントする