ふるさと

最後の清流といわれる四万十川が、四国西部の山間いを蛇行

しながら流れる中流域の津野川集落の辺りで

愛媛県 滑床渓谷方面から流れてきた目黒川が合流する。

その目黒川沿いの県道8号線を10kmほど上流に進んだ

辺りに 小さな集落がある。

どのような書き出しの文章で 今日の日記を始めようと
相変わらず六兵衛は、しつこいほど 過ぎ去った遠い昔ばかりを
振り返るしか能がないのだもの・・。

その集落は 遠い昔 六兵衛が、小学校の3年間を過ごした

思い出深い山河の地だ。

その小さな集落の、これが最後の見納めかも・・

くらいのつもりで、墓参のために帰省した折に

車で少し足を伸ばして、その集落を訪れたのは

60歳をいくつか過ぎた10年ほど前の事であった。

 

六兵衛が暮らしていた頃の その集落の小学校は

県道8号線の その集落の中心辺りを右に折れて

のぼり坂を少し上がった小高い山を切り開いた場所にあった。


                        (2枚の写真の合成)

職員室と教室が3室のみの 平屋の木造校舎で

運動場も小さく狭かったが、それは 終戦後すぐの頃に

これからは学校教育が大切だとの強い思いから

この付近の青年団の若者たちが、休日を返上して4年間の

長きにわたって力を合わせ山を切り開き、校地造成の努力を

された結果なのだと教えてもらったことがある。

 

狭い校庭と、教室は1・2年生、3・4年生、5・6年生が

それぞれ 一つのクラスで勉強をする複式学級で

全校生徒は50人ほど、先生は校長先生を入れて4人の

小さな小学校だった。

 

 

小学校の運動会は小さな校庭で行われたが、それは校区内の

村人総出の お祭りだった。

夏は目黒川がプール代わりで、岩の上から飛び込んだり

魚を捕ったりして、真っ黒になって遊んだ。

 

 

六兵衛が卒業した数年後には

時代の変化と共に 狭かった校庭を少し広げて「僻地集会所」を

建設し給食も始まり、平屋だった校舎の一部が2階建となり

プールも出来たという。

 

そして六兵衛の卒業から25年後の昭和59年

新たに大きく山を切り開き、老朽化した旧校舎を見下ろす

高台に12の教室と体育館やプールもある立派な新校舎が

建設され・・

翌年には 小さい学校ながら開校百年という節目を迎え

『百年誌』を出版して「開校百年祭』を祝ったという。

 

 

白点線内:休校になる前の学校全景
黄点線:六兵衛が通った頃の学校の全景
青点線:その当時の木造校舎
桃色点線:六兵衛家族が暮らしていた住宅

 

しかし それでも結局、児童数の減少によって

平成23年度(2011年度)の卒業を最後に休校となり

今では十数キロ離れた小学校に統合され、子供達はバスで

通学しているという。

 

『ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しく うたふもの・・』と室生犀星は詩っている。

それにしても六兵衛の 遠く懐かしい故郷は

『♬ 兎 追いし 彼の山  小鮒  釣りし 彼の川・・』

まさに小学唱歌『故郷』の歌詞 そのままであった。

 

コメントする