紙 の 本

我が家の居間の きーポケ専用の読書コーナーのソファーに座って

文庫本を読む。

きーポケの今は数少ない楽しみの一つ・・。

そして読む文庫本は 必ず「中古本」と決めている。

 

この頃は 電子書籍も盛んになっているようやが

如何せん 電子書籍には「中古本」というモノは存在していない。

 


以前 きーポケが作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2010年の晩秋の頃に「さし絵」として掲載した32作目のカット絵。

 

例えば きーポケが大好きな辻堂魁さんの文庫本で

2010年に出版されている「風の市兵衛 第1巻」の新刊の定価は

今も もちろん変わらず ¥669円だが

Amazonの電子書籍「kindle」の場合、出版から8年後の

今の値段は ¥540円と あまり値下がりしていない。

 

例えば、通販ショップの「駿河屋」で「風の市兵衛 第1巻」の

中古本を買えば、 ¥150円で売り出されている。

 

 

電子書籍の今後の発展 云々などは よく分からないが

現時点では「紙の本」の中古本の方に軍配があがる。

 

当然 「紙の本」と「電子書籍」とを比べての

メリット、デメリットには いろいろな意見も有ると思うが

「紙の本」の持つ質感には、捨てがたいものがある・・。

 

コメントする