大根

庭の小さな畑に植えていた「大根」が

あまり大きくならないまま

春の近づきと共に トウが立ち始めたらしく

小さな花の蕾が顔を出し始めた。

 

大根の白い花は、それはそれで可憐で可愛いんやけど

花が咲いてからの大根は固く筋っぽくなり

食べるには 適さない。

 

 

世間様には 恥ずかしくて

お見せ出来るような出来上がりではなく

ほんまに小さいままの大根なのですが

トウが立ち始めたようやから、一部を収穫しました。

 

 

大根の白い部分と葉っぱの部分とを切って洗う。

・・ここまでが きーポケの仕事。

あとの料理は、つれあいに任せます。

 

おでん料理に入れるには、少々 出来が小さいか・・。

やっぱり細かく切って陽に干した浅漬が・・うまいなぁ。

もちろん葉っぱの方も、塩で揉んで浅漬けにして

花かつおをまぶして、ご飯と一緒に食べたら

多少 硬くったって、そりゃあ 美味いぜよ!

 

・・・・・と、そんなふうに浮かれていたが

つれあい が 切ってみると、トウが立ち過ぎていて

大根の芯の部分は硬く筋があったようで

だから、硬い部分を取り除いたら

半分ほどしか 残らなかった・・そうな。

 

コメントする