夜霧の第二国道

六兵衛の散歩のお供は、スマホのアプリに保存して

オフラインで聴ける戦前や戦後の昭和2、30年代の流行歌

特に、ちあきなおみさんや三橋美智也さんなどの歌を

Bluetoothイヤホンで聴きながら芥川堤道や上の池公園などを

歩くのだが、そんな流行歌の中に

フランク永井さんの『夜霧の第二国道』という歌がある。

 

この歌、昭和32年にレコードが発売されたというから

六兵衛など まだ小学生の頃のことだが

フランク永井さんの低音を生かしたスローバラードだ。

その1番の歌詞・・

「 つらい恋なら ネオンの海へ

捨てて来たのに 忘れてきたに

バックミラーに あの娘(こ)の顔が

浮かぶ夜霧の あ〜ぁ 第二国道 」

( 作詞:宮川 哲夫 作曲:吉田 正 )

 

じーさんになった今 改めてこの歌を聴いていると

だらだらと長い台詞をこれでもかというくらいに綴った

今風の歌に比べて、ごくごく簡潔(単純?)で

誰が聴いても一度で 意味が分かる・・そんな歌詞だ。

六兵衛など 単純かもしれへんけど

こんな分かりやすい歌の方が、やっぱり 伝わってくる。

 

 

蛇足になるが・・

その時代から少し後の テレビが全盛の頃に

牧伸二さんというウクレレ漫談家がいて

彼が漫談をする前にウクレレを弾きながらテーマソングを

歌うのだが、そのセリフにフランク永井さんが出てくる。

そのテーマソング・・

「♫ フランク永井は低音の魅力

神戸一郎も低音の魅力

水原弘も低音の魅力

漫談の牧伸二 低脳の魅力

あ〜ぁ イヤんなっちゃった

あ〜ぁ 驚いた」・・と。

 

 

フランク永井さんの低音の歌声も魅力だが

『夜霧の第二国道』の歌詞を じっくりと聴いて

昔の歌は、余計なモノは削ぎ落とし簡潔でいいなぁと

改めて思う六兵衛でありました。

 

 

昨日、西に沈む夕日が 燃えるように 激しく きれいで・・


・・2019年7月5日 午後7時26分