生命力か、執念か・・

『桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿』という「ことわざ」を

知らぬわけではなかったが、昨年の秋の台風襲来のとき

庭の桜木の太い幹までもが激しく揺れ 波打ち

いささかの恐怖を味わった。

だから「桜切る馬鹿!」と言われようが

出来るだけ桜の枝葉を小さく剪定しようと、老体にムチ打って

桜木に登り、必死で切り落としたのは

昨年の台風の後の秋頃であった。

 

その時 切り落とした桜の幹や枝の一部を

庭の畑の区切りの土留め用に設置していたのだが

な、なんと・・よく見ると

土留め用の桜木から、小さな緑色の新芽が出ている。

 

切り落として一年近くも過ぎているのに

芽を出す力が残っていようとは・・

なんという生命力か、執念か・・。

 

この頃 老人 老人と、ブログで口癖の六兵衛さんよ

見習うべきか?・・否か?