メダカの水槽

庭の片隅に、メダカの水槽と川エビの水槽の2つを置いている。

一つの水槽には、10年以上も前に芥川ですくってきた

2,3cm(成魚)程の大きさの「川エビ」が泳いでいて

同じ芥川から取ってきた水草が、水槽内に繁茂し過ぎくらい

繁っていて、川エビの正確な様子など  ほとんど分からない

状態なのである。

一方、隣のバスタブを利用した「メダカ」の水槽にも

「川エビ」の水槽と同じく、芥川から取ってきた水草を

ずーっと長く入れているのだが、何故だか今年の春頃から

「メダカ」の水槽の水が濁りだしたのだ・・。

どうやら水草が腐っているようで、だから水が濁るのだろう。

何故 水草が腐り始めたのか、その原因はわからないのだが

とりあえず水草を取り除き、水槽を掃除してきれいな水に

変えることにした。

 

水が温かくなりだした5月の頃に、成魚が腹に卵を抱え始め

6月に入った頃には、2,3の稚魚を見かけたのだが

水がだんだんと濁りだし、水草に産み付けた卵や

それまでに生まれていた稚魚がどうなったのかわからない。

今日 濁った水を汲み出しながら、稚魚がいないか探したのだが

結局3匹しか見つけられなかった。

 

 

腐りかけた水草は廃棄し、新たにホームセンターで「ホテイ草」を

買ってきて浮かべ、メダカの成魚を きれいになった水槽に帰した。

 

 

今は ちょっとさみしいメダカの水槽だが、今後の「ホテイ草」の

繁殖に期待したい・・。

 

コメントする