東京 新宿区 神楽坂

拝啓、三郎さま。

お元気でしょうか。

 

先日   NHKの BS放送で神楽坂の街の様子の特集していたのを

たまたま観ました。

三郎さんは ご覧になりましたか?

思えば あの頃から、半世紀近くが過ぎてしまった現実に

いささか驚いてしまいます。

 

テレビ画面で観る今の神楽坂の佇まいは、

私の心に残っている あの頃の神楽坂界隈の面影とは違って

大きく様変わりをしておりました。

 

それでも やはり、神楽坂界隈という言葉を聞くと

とても懐かしく、柄にもなく 少し感傷的になったりしながら

映像を観てしまいました。

 

私の心に残る あの頃の神楽坂の記憶は

白黒の、何となく ぼやけている映像だったりするのですが

先日テレビで観た神楽坂は、総天然色の鮮やかな色合いでした。

ですから ちょっと、違うかなぁと 思ったりもしてしまいました。

 

早稲田通りを上り、地下鉄 神楽坂駅の少し手前の

横寺町の通りを少し行った辺りにある銭湯の角を右に曲がって

その路地の先の安アパートの三畳間で

二人してインスタントラーメンを手鍋のままで

よく食べましたね。

 

何かの用事があって 信濃町の駅から青山へ行く神宮外苑の

イチョウ並木の下を、二人で ちょっと気取った気分で

歩いたことも ありましたよね。

 

今 思えば、お互い20歳を少し過ぎたあたりの未熟者でした。

特に何事かを成し遂げようとしていた訳でも

特に何か 苦労を背負っていたと云う訳でもなかったですが

老いが身近に感じるようになった 今

2年余りの短い期間だったとはいえ、三郎さんたちと過ごした

あの頃のことが、とても懐かしく思い出されます。

 

コメントする