たわごと、たわごと・・

初めての孫が産まれた2000年の秋に

きーポケも初めてパソコンに触れて以来

現在では4台目となるパソコン歴だ。

 

きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2010年の冬の頃に「さし絵」として掲載した34作目のカット絵。

 

だから 20年近くもパソコンと戯れてきたきーポケになるが

それでも きーポケのパソコン技能は 未だに初心者の域を

出られないままで、時間だけが無情に過ぎて行ったようだ。

 

若いひとのような「操作感覚」らしきものは 一切ない。

だから理屈で理解しょうと試みるが

その理屈自体が頭に入って来ない・・。

「カタカナ言葉」が どうにも馴染んでくれない。

何度 聞いても忘れてしまう。

 

そんなこんな 中途半端な感じでの きーポケとパソコンとの

付き合いやけど、それでも きーポケの日常には

もうパソコンが無くては 日々が過ごせないほどに

暮らしに浸透している。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2010年の冬の頃に「さし絵」として掲載した35作目のカット絵。

 

散歩に行く。

文庫本を読む。

そして パソコンの前に座ってカチャカチャと1日を過ごす。

 

まるで落語の「三題噺」のような文言を並べたが

そんな感じで きーポケの日常は過ぎて行く。

 

だらけた日々の暮らしを 自ら望み、その事を公言もしているが

そんな気持ちのどこかで、だらけた日々を送っている自分に

少々 後ろめたい思いもあったりする。

 

だからか 時々 言い訳じみた弁解とか強がりとかを並べて

後ろめたさへのガス抜きをしてみたくなるのかも しれない・・。

 

なんにして、これも あれも 隠居ジーさんの

独りよがりの たわごとなので ござるよ・・。

 

コメントする