政治の実践に関わるものは・・

葉室麟さんの文庫本『霖雨』(PHP文芸文庫)を読み初めている。

 

主人公は江戸時代後半の儒学者・広瀬淡窓(たんそう)という

実在した人物。

幕府天領の豊後日田(現・大分県日田市)で

私塾・咸宜園(かんぎえん)を主催する教育者で漢詩人でも

あった。

 

徳川時代も終焉を迎えつつある そんな大きな時代のうねりの中

権力者の横暴や役人の執拗な嫌がらせなどに耐えながらも

清冽な生き方を貫こうとする淡窓と、その兄を敬い慕う

弟・久兵衛の物語のようだ・・。

 

この小説『霖雨』を30ページほど読み進めたあたりに

「まことに・・」と納得してしまう文章があったので

記しておきたい。

 

淡窓が主催する咸宜園への、天領・豊後日田の代官や役人達が

繰り返す横暴や嫌がらせに 淡窓は思うのである。

 

『政治の実践に関わるものは、時に道徳を なおざりにして

功利損得へと流れる・・。

そのことが 政治の堕落へと つながる』・・と。

 

昔に限らず いつの時代でも、為政者は この事を

肝に銘じておくべきであろうに

残念ながら現在の政治も、東でも西でも

功利損得に流れっぱなしの状況のようである。

 

コメントする