「我が家の主パソコン」の主張

我が家の主パソコンたる立場の「MacBook Pro(13インチ)」も

購入から 丁度5年が過ぎて 6年目に入った。

そのためだろうか、多少の疲れが見え始めている。

 

だいぶ以前から、メニューバーにある電源マークをクリックすれば

「バッテリーの交換修理!」の表示が出る状態が続いていて

この頃では 電源プラグを差し込んだままで使用している。

 

我が家の主パソコンとはいえ、特別 難しい事をさせる訳でもないし

また そんな操作を きーポケに出来る訳でもないので

多少 動きが鈍いかなぁ〜・・と 感じる程度では

さほど大きな支障に なるわけではない。

・・とはいうものの やはり、きーポケの我がままだとは思うが

我が家の主パソコンとしては、速さと正確さを求めてしまう。

 

少なくても あと10年、老いた きーポケとはいえ パソコンくらい

何とかカンとか、もがきながらでも使うことは出来るだろう・・と

想像すると、今の「MacBook Pro」に この後 10年ほども

主パソコンたる立場を任せるのは荷が重すぎるだろう。

 

だから何となく、次の主パソコンの座に お付きになる お方を

どなたにしょうか・・などと、折々に考えたりしている・・。

 

昨夜の就寝中に、子守唄替わりに流している「Podcast」の

『Rebuild』という番組で「Mac mini」の話をしていた。

Apple社の「Mac mini」という製品のことは

名前を聞いたことがある程度しか知らない きーポケだから

朝食後に早速どんなものなのか調べてみた。

 

 

・・・・と、ここまでは、今日のブログ記事への入り口となる

あくまでも「まくら言葉」である。

 

いろいろと サイトを参考に「Mac mini」の事を調べていた。

 

・・・と、突然 それは現れた!

・・見ていたサイト画面の上に被さるように

『ブラウザ ユーザーの皆様』と書かれた小窓が現れた。

 

小窓には『本日のラッキーな訪問者は あなたです・・・

HD Streaming Moviesが当たるチャンスです』と書かれている。

『えっ きーポケが ラッキー?』

・・・・・

危ない! 危ない!

そんな甘言に騙されるほど まだまだ きーポケは

ボケちゃあ おらんぞ!!と、怒っているうちに

またまた小窓が現れて・・『警告』の通知があり

コンピュータへのウイルスの侵入を防いでくれたのである。

 

多少 衰えたとはいえ 我が家の現「MacBook Pro」は

こんな具合に まだまだ働けるぞ!・・とでもいいたげに

「我が家の主パソコン」の立場を主張するのである。