関西弁にも いろいろ あるやろけど・・

大阪に暮らし始めて45、6年になる。

 

記事の内容は グタグタなのに、文章だけは どうにも硬くなりがちな

きーポケブログだから、たまには柔らかそうな関西弁で

ブログ記事をかいてみようかと、ちょっと試みた事も あるんやけど

やっぱり どうにも うまくない・・。

きーポケの使う関西弁のつもりの言葉を文字にしようとすると

根が関西人やない所為か、もう 訳が分からなくなって来たりする。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2011年の冬の頃に「さし絵」として掲載した40作目のカット絵。

 

幡多弁(高知県西部地方)暮らしが約18年

土佐弁(高知県中部地方)の中で3年暮らし

東京弁の真似事をしながら約5年を過ごし

現在の関西弁での暮らしが 特に長い訳やから

当然 もう、完璧な関西弁を喋れていて当たり前の筈やのに

どうにも いまだに まともな関西弁が喋られへん。

 

ほんまもんの関西人が きーポケの話す言葉を聞かはったら

『おちょくってんのか われ!!』と怒られてしまうやろなぁ。

 

あれ?・・京都弁 混ざってる? 河内弁・・?