紹介しておこう・・その四

遠い昔の 子供の頃は、同じマンガを何度も 何度も

繰り返し 繰り返し、夢中になって読んだはずなのに

じーさんに なったとはいえ 今では もう

その頃読んだマンガの細かなストーリーは もちろん

登場人物など、その ほとんどを忘れてしまっている。

 

だから やはり、今回 紹介する彼らのことも

Webサイトでさえ、当時 発売されていた「別冊ふろく」

「単行本」などを古書としての販売サイトばかりで

おぼろげで頼りない きーポケの記憶を補ってくれそうな

サイトはほとんどなかった。

 

・・だから しかたなく、わずかに残る きーポケの

遠い昔の おぼろげな残像だけで 書いていく・・。

 

『さるとび佐助』

昭和31年から昭和35年まで少年画報社の月刊少年漫画雑誌

「少年画報」連載された時代物のおもしろ忍術マンガ。

作者は 福田三郎さん。

戦国時代も終わろうとする時代、太閤秀吉が亡くなったあと

天下を狙う徳川家康と石田三成を代表とする豊臣方の武将たち

関が原で戦い、徳川が勝ちをおさめた。

それから14年後に起きた大阪 冬の陣でも、徳川の勝利となり

ほぼ 天下は徳川のものとなり、家康は江戸に幕府を開く。

主君である豊臣方の武将・真田幸村の命を受けた真田十勇士の

さるとび佐助と三好青海入道は、諸国を巡り 徳川に与する

諸大名の情勢を探る旅に出る。

探索をする旅の各地で、さるとび佐助の忍術と三好青海入道の

腕自慢の怪力が、徳川方の大名たちを 面白おかしく懲らしめる。

 

 

『ジャジャ馬くん』

作者は 関谷ひさし さん。

昭和33年から昭和38年まで 秋田書店の月刊少年漫画雑誌

「冒険王」に連載された野球マンガ。

 

嵐が丘中学校に転向してきた天馬龍平は、成績は一番だが

気が強くて負けず嫌い、喧嘩ばかりする乱暴者だった。

付けられた あだ名は「ジャジャ馬くん」。

新任の若い熱血先生が天馬龍平の野球の才能を見抜き

野球部へ入部させ、ピッチャーとして大活躍をする・・。