運転免許証

老人の交通事故のニュースが毎日のように流れる・・。

 

昔の老人に比べると、現代の老人は 若いといわれる。

確かに 六兵衛が子供の頃の年寄りは、まさに年寄りだったし

今の老人は、身体も元気だし 何より気持ちが若い。

 


孫たちが まだ小さかった頃に遊びで作った「マンガ絵」が
パソコンの隅っこから出て来たので 懐かしくて掲載する・・その5

 

気持ちが若いから、車の運転も当然 普通に出来ると思うし

だから その機会も多くなる。

ところが これが、自分で思うほど 現実の自分の身体は

若くはなく 案外に脆く、だから その 気持ちと身体との

アンバランスが、いつまでも若くありたいと思う心の隙を突いて

事故などに つながっていくのではないだろうか・・。

 

73歳の六兵衛も 決して人ごとではなく

若いというよりも未熟と言った方が当たっている心持ちの

六兵衛なのだが、身体は確実に老いて来ている。

 


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の秋の頃に「さし絵」として掲載していた72作目のカット絵。

 

今のところ 六兵衛の車の運転に、さほどの問題もないつもり

なのだが、例えば スーパーなどの駐車場に車を停める時

駐車枠の白線に沿って 平行に車を停める事が

一度や二度の行いでは出来なくなっている平衡感覚では

「運転免許証 返納」も、さほど遠い先の話ではないような気も

したりしている・・。

 

それでも、今は まだまだ 車での移動は最低限必要だと

思う一方で、何かがあってからでは遅いとも考えたり・・。

 

はて さて・・とりあえずは、慎重に 慎重に・・。