訂正あり・・

当ブログでの昨日(2021年11月7日)の日記

『収穫は 来年の初夏あたり・・』に書いた記事の内容に

大きな誤りがあった。

愚かにも「軽薄短小」的性質の六兵衛の勘違いから生じた

間違いの記述があったので、ここに訂正する。

 

昨日の日記の記述に・・

〈  今回 植えた市販の「えんどう豆」のタネもそうだが

今年5月に収穫した「えんどう豆」も、そのタネは

市販の「F-1種」のタネだったはずである。〉・・と書いた。

 

それまでの六兵衛は、「今 現在 市販されている「タネ」は

全て「F-1種」のタネだ・・」と思い込んでいたが

その記事を見た つれあいに、間違いを指摘され調べてみると

確かに つれあいの云う通りで、六兵衛の勘違いだった。

 

正確には・・

「市販されているタネの種類には、大きく分けて

「固定種(在来種)」と「F-1種」とに分けられる。

スーパーマーケットなどで売っている野菜の ほとんどは

「F-1種」のタネから出来た野菜であって

「F-1種」のタネの袋には、「F1」、「〇〇交配」、「一代交配」

単に「交配」などと書かれている。

例えば、「タキイ交配」とか「トーホク交配」などと

書かれているという。

一方、「固定種(在来種)」のタネの袋には

「〇〇育成」との表記があり、何も書かれていない場合もある

・・という。

 

さて 先日 植えた「えんどう豆」のタネは、ホームセンターで

購入したタネで、六兵衛は頭から「F−1種」だと思いこんで

いた訳だが、必ずしも全てが「F−1種」だとは限らない事が

わかり、もうすでに捨てていたそのタネの袋を、ゴミ箱から

探し拾い出して見てみると、「袋」とハサミで切り落とした

部分とが、それぞれ別のゴミ箱から見つかった。

 

切り落とした部分をセロテープで貼り、文字を読みやすい

ようにして よく見ると、「F-1種」のタネらしい文言は

書かれていなくて、「育成品種」と書かれていたので

どうやら このタネは「F-1種」ではなく、「固定種」のタネ

のようで、もしかしたら昨年の秋の終わりにタネを植え

今年の5月に収穫した「えんどう豆」も「固定種」のタネ

だったかもしれず、ということは 先日 植えた「えんどう豆」

のタネにも芽が出たとして、来年の初夏には実がなる可能性が

大きくなった事になる。

 

トンマな思い違いをしながら、知ったかぶりで日記に書いて

・・恥ずかしい 六兵衛の日々である。