中の池の水鳥

いくつかある六兵衛の散歩コースの一つに

「上の池公園」辺りを歩く行程がある。

 

その「上の池公園」の少し南側の「中の池」という

多分農業用だろう思われる大きな溜池には

多くの水鳥が浮かんでいる。

 

「中の池」の東側の池沿いに、遊歩道が作られていて

時々 その遊歩道を歩く。

冬の間は数多くの水鳥たちが戯れている。

 

 

越冬のため、冬の間を日本で過ごし

春になって再び北へ渡っていった鳥たちもいるだろうから

冬の頃に比べたら水鳥たちの数は、だいぶ少なくなっている。

春になった今、池に浮かぶ水鳥は

一年中 日本で暮らす留鳥なのだろうか。

 

そんな数が減った水鳥たちが

六兵衛が池沿いの遊歩道を歩き始めれば

泳跡を残してこちらに向かって泳いでくる。

多分 いつも誰かが、餌を与えているんだろう

人が来れば餌がもらえると思って 近づいて・・来る。

 

 

昨年の夏の大きな台風で激しくゆれて

恐怖を感じたものだから、秋まで待ったあと

思い切ってバッサリと枝を切った。

 

切り過ぎたか・・とか、枯れるかも・・とかの

思いもあった我が家の庭の桜の木だが

ひと冬越して春になって、可愛らしい 花が咲きました。

 

コメントする