仕事をリタイヤして3年ほどが過ぎた。

それなのに この頃になって、時々 仕事の夢を見る・・。


きーポケが以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の初夏の頃に「さし絵」として掲載していた54作目のカット絵。

 

六兵衛は若い頃から 働くことがイヤだった。

本来が 怠け者なのだ。

だから 若い頃はフーテンに憧れたが

根性がなくて本当のフーテンにはなれず

ただのプー太郎として過ごした日々が あったりした。

 

今更ながら・・と思うのだが

この頃 時々、現役の頃の 仕事をしている夢をみる・・。

楽しかった仕事の夢は まず見ないし

大きな失敗をするような夢も また見たことがない。

ただ・・

済ませたはずの仕事の 「何か」を気にしながらも

次の仕事をしている自分の・・

そんな よう分からへん 中途半端な夢を 時々見たりする。

 

何なんだろうね・・そんな夢を見るなんて・・。

目覚めたときの気分は、だから あまり良くない・・。

どちらかと云えば テキトーな職人やったから

その内心の反省が 夢に現れるんやろか・・。

 

 

何にしても 六兵衛は、今も 昔も・・プー太郎やなぁ・・。