散 髪

暑い季節になると、少し髪が伸びただけで 鬱陶しくなる。

だから つれあいに散髪をしてもらった。

 

六兵衛の頭髪は、20数年来 丸刈りが基本だ。

但し それは、春から秋にかけての季節限定であって

寒くなる冬が近づいてくると、根性なしの六兵衛は

丸刈りを そのまま伸ばして、次の春まで待つのである。

 

そんな繰り返しを ここ20数年続けてきた。

それは何より つれあいが、電気バリカンを握って散髪をして

くれるから なのだが・・。

歳を重ねる毎に、切り落とされる六兵衛の髪の色は

少しづつ白くなる・・。

 

前回の散髪は、少し暖かくなりかけた3月の中頃に

いつものように つれあいにしてもらったが

冬の間に長く伸びて 切り取った白髪の髪は

つれあいが 集めて袋の中に詰め、「針刺し」として

使っているという。

 

散髪が終わったら 即 風呂へ直行するためにパンツ一丁で

やや俯き加減に 丸椅子に座り、つれあいが刈る髪の毛が

六兵衛の足下に落ちてくる・・。

それは 遠い遠い60年も昔の 白黒の記憶を よみがえらせる・・。

 

六兵衛が子供の頃に暮らしたのは、店屋など一軒もない

小さな集落だったから、当然 近くに床屋などある筈もなく

休みの日を利用して父親が外で、手動のバリカンで

器用に散髪をしてくれたものだ。

 

とはいえ素人の父親が扱うバリカンだから

時には髪の毛が バリカンに挟まったりして

痛い思いをする事もあったりする。

 

今も、父親に散髪をしてもらっている その映像が

記憶の中にはっきりと残っており

遠い昔の なつかしい父親との一場面でもある・・。