あの顔は見たくない!

日本政府と韓国政府が、何やら激しく いがみ合っている。

しかし あくまでもこれは、日韓の国民同士の いがみ合いでは

なく、自分たちの都合だけを一方的に主張する両国政府の

身勝手な いがみ合いでしかない。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2010年の初秋の頃に「さし絵」として掲載していた17作目のカット絵。

 

両国間に問題が起これば、まず話し合うのが賢い大人の対応

だろうし、その話し合いも、自国の都合を一方的に訴えたりせず

まず 相手国の意見を聞く事が対話の基本だろう。

 

不幸にも取り返しのつかない過去の出来事の後始末を

両国政権の都合のいいように解釈して、身勝手な建前を

声高に主張する事で、自国において 不必要に敵対関係を

あおろうとしている。

その事は、自分たちの政権維持の為の姑息な手段なのであって

両国民は決して それに乗らない冷静な判断が必要だ。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2010年の初秋の頃に「さし絵」として掲載していた22作目のカット絵。

 

それにしても六兵衛は、なにか政治的問題が起きると

ついつい 安倍首相の、あの いやらしい顔が浮かんできて

安倍首相や、その神輿を担ぐ取り巻き連中に 物申したくなる。

 

一つ・・

一見 冷静を装いながら、相手国を見下したような言動をする

日本側の政府官邸の連中の高飛車な態度は

実に恥ずかしく不愉快である。

 

一つ・・

本来 国家権力をチェックするべきメディアが

残念ながらわが国では、政権にヨイショするばかりの報道に

終始し、まるで官邸の広報係に  なり下がってしまった。

 

一つ・・

国民の中にも 権力者に乗っかって旨味を企む輩や

自分本位で目先の楽しさばかりを追い求める

反省のない愚か者たちが 少なからず居る。

誠に残念だ。


六兵衛が以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2010年の初秋の頃に「さし絵」として掲載していた27作目のカット絵。

 

それにしても安倍首相は、相変わらずバカの一つ覚えのように

建前だけの綺麗事ばかりを言い

結果など出るはずのない経済発展を唱える。

今の世界の情勢を考えれば、経済発展の因となる要素など

国内に限らず世界を見ても、何処にも見当たらず

未来への借金ばかりを積み重ねながら、何とか今を

繕っているに過ぎない・・。

一方で安倍政権には、戦争を起こしかねない危うさがある。

そんな安倍首相の、こうも長期政権を維持させる

多くの国民の愚かさが 情けなく悔しい。

 

コメントする