文 庫 本

Amazonなんかの 本の通販サイトで新作などを探していて

この頃 思うんやけど、きーポケが読みたいと思うような

文庫本の出版数が なんか少なくなってきているように

思える。

少し前までは「文庫 書き下ろし」(特に時代小説)の新刊が

盛んに出版されていたはずなのに・・。

 

そのかわり・・というか、この頃では

きーポケが好む文庫本などに代わって、アニメ調のイラストや

可愛い少女の絵などを表紙や挿絵に起用して

ゲームやアニメの延長線上の物語とも思える若い人向けの

ライトノベル本が賑わいを見せている。

 

 

きーポケはライトノベル本に興味はないから 読もうとは

思わない。

しかし 世の中は自分の思うようには動くとは限らず

ライトノベル本が多く売れるとなれば

出版社は数多く出版するし、きーポケ好みの文庫本が

売れなくなれば、その 出版数は減る・・。

それが出版社の当然の理であろうから 文句は言えない。

 

きーポケ好みの文庫本は、一時期に比べれば

売れなくなった・・のだろう。

そして 結果、新刊本の出版も少なくなって

それが中古本として再度 売り出されるはずの数ヶ月後には

当然 中古本の数も少なくなるということになる。

そして もう一つの原因は

歳を重ねるにつれ 気ままになってくる きーポケの

文庫本の好みも やはり狭くなって、だから ますま

きーポケの好む文庫本の数が少なくなるのは

自然の摂理・・ということか。

 

コメントする