少年の・・

芥川に架かる大蔵司橋を川上へ向かい、塚脇橋 方面へと

散歩に出かける。

 

1週間ほど前、ここを歩いたとき

毎年 おばあさんが一人 農作業をしていた畑が

今年は水田を作る様子もなく、荒れたままになっている・・と

6月5日の当ブログ『田植え始まる』に書いたが

今日 その畑のそばを通ったら

あの日 雑草に覆われていたおばあさんの畑は

耕されていた。

もしかしたら おばあさんは、まだまだ元気で

稲作はやめたけれど、畑仕事なら ぼちぼちやれるのかも・・と

勝手にそんな事を思いながら歩く。

 

 

芥川堤道に何ヶ所か用意されているコンクリート製のベンチで

一休みしようとしたら、トカゲの先客がいた。

そういえば偶然だろうか・・

今朝の食事中に観たテレビ番組の、NHK BS放送の

朝 7時45分から15分間 放送している「こころ旅」という

スッとぼけた親父が自転車で全国を旅する番組の中で、

そのスッとぼけた親父が、鮮やかにトカゲを手掴みで

取り押さえた場面を思い出した。

 

 

六兵衛の子供の頃は、例えば 屋根瓦の隙間に雀が巣を作り

その巣から捕まえてきた

まだ毛さえ生えていない子雀の餌にするために

野菜畑に沢山いた青虫をつまんで獲って 子雀に与えたり

ヘビを捕まえたら尻尾を持って、クルクル回して その反動で

遠くへ放り投げたりして遊んだものだが・・。

今では・・ヘビは もちろん青虫でさえも

掴めなくなった六兵衛である。

 

それに比べたら その 親父

いつもは スッとぼけたスケベな親父なのだが

トカゲの捕り方などを見ていると

野にあって 山にあって、六兵衛などより 遥かに

少年の気持ちが残っているようでも ある・・。

 

コメントする