おばあさんの畑

芥川堤道を北へ上った塚脇橋近くの小さな畑で

いつも一人で農作業をしていた おばあさんを、これまでにも

散歩の途中に たびたび見かける事があった。

今年 その畑の側を通ったら

雑草に覆われて、荒れたままの畑だったので

もしかしたら あの おばあさん、もう畑仕事が出来なく

なったのか・・と、その堤道を通るたびに気になっていて

これまでにも その おばあさんの畑の事を

当ブログにも何度か書いた。

 

例えば・・6月5日の記事「田植え始まる」に・・
https://arukuneru.com/2019/06/05/rice/

 

6月12日の記事「少年の・・」にも・・
https://arukuneru.com/2019/06/12/boy/

 

6月22日の記事「わが町の なつぞら」にも・・
https://arukuneru.com/2019/06/22/summer-sky/

 

 

昨日も 芥川堤道を北へ上って

その おばあさんの畑の側を通ったら

畑は ますます雑草が増えていて

畦道に 小さな立て札が立っていた。

『現地確認用立札』との文言があり

雨に濡れても良いようにだろう ビニール袋わ被せている。

 

「現地確認用・・」とは 何を意味しているのか

散歩から帰って、ネットで調べてみたが

あまり詳しい事は わからなかった。

想像するに・・

初期の頃の政府主導から地方行政や農協へと変わった減反政策

において、田畑の転換や遊休農地とかに対して

農家が行政の指示通りに、きちんと減反や転換をしているか

どうかの調査のための確認標示板なのではなかろうか・・。

 

それは ともかく・・もう この畑で、あの おばあさんが

ひとつ ひとつを大切に積み重ねていくようにされていた

畑仕事の姿を見る事は出来ない・・と いうことだろうか。

 

コメントする